Javaバージョンの確認方法:Windows & Mac & ターミナル

javaのバージョンの確認方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Javaのバージョンを確かめることが必要になったらどうしたらよいだろうか。

このページでは、Javaバージョンの確認方法をご紹介する。言うまでもないことだが、前提としてJavaがインストールされていなければならない。

まず、Windows上のJavaのバージョン確認方法から見てみよう。

Windowsでの確認方法

ここではWindows10を使って説明を行う。Windows 10ではスタートメニューからアプリを立ち上げてJavaバージョンを見つけることができる。Windows10を立ち上げた直後の画面から始める。

windows10

Windowsスタートメニューを開始するために、画面左下のスタートボタンをクリックする。スタートメニューが表示される。

menu

スタートメニューのリスト内のJavaフォルダを見つけクリックすると、Javaのフォルダが展開される。「Javaについて」をクリックすると、「Javaについて」の画面が表示される。

javaについて

画面中央にバージョン番号とビルド番号が表示される。この画面では、バージョン番号が「8」、更新が「121」で、ビルド番号が「1.8.0_121-b13」となっている。

今度は、Macの場合の確認方法を見てみよう。

Macでの確認方法

Macの場合、最初にJavaコントロールパネルを見つけなければならない。まず、システム環境設定画面を開いたところから始めよう。

mac-menu

Javaというアイコンがある。これが、Javaコントロールパネルを開くアイコンである。これをクリックすると、最初にJava画面が表示される。

java

それから、しばらく待つと自動的にJavaコントロールパネルが別のウィンドウで開く。

java-version

Javaコントロールパネルの中の「一般」タブをクリックし、次いでバージョン情報をクリックする。Javaバージョンを示すダイアログが出現する。

build

画面中央にバージョン番号とビルド番号が表示される。この画面では、バージョン番号が「8」、更新が「121」で、ビルド番号が「1.8.0_121-b13」となっている。

ターミナルでの確認方法

上記の方法が面倒であれば、ターミナルで次のように叩くのが手取り早い。

java -version

下記のような表記が出てバージョンが確認できるはずだ。

java-version

まとめ

このページではJavaのバージョンの確認方法についてお伝えした。参考にしていただければ幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*