すぐわかる!ハードウェアクロックの設定方法【Linux入門】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
linuxのハードウェアクロック

Linuxには二つの時計がある。システムクロックとハードウェアクロックだ。

このページではハードウェアクロックについてご紹介する。受験する方もLPICの出題範囲でもあるので、参考にして欲しい。

Linuxのハードウェアクロック

ハードウェアクロックはマザーボード内に内蔵されており、シャットダウンされ、システムが停止した後も、コンセントからの電源もしくは内蔵の電池で稼動しつづけている。

システムクロックはハードウェアクロックの情報を元に設定される。しかしハードウェアクロックは「精度が高いか?」というとそうでもないので気をつけていただきたい。

定期的にシステムクロックをNTPで正確に同期したあと、ハードウェアクロックも定期的に同期したほうがいいだろう。

ハードウェアクロックの調整

ハードウェアクロックを調節するには「hwclock」コマンドを使用する。

このコマンドで現状のハードウェアクロック時刻と調整、システムクロックとの同期などをすることが出来る。 現状、大体のディストリビューションでも共通の方法だ。CentOS7でもhwclockコマンドを使用することになる。

hwclockコマンドはroot権限でないと実行できないことに気をつけよう。

現状を表示するには

# hwclock

もしくは

# hwclock –show

whclock-show

とすると表示される。

時刻を手動で設定する場合は

hwclock --set --date "dd mmm yyyy HH:MM"

の書式で指定する。例をあげると

# hwclock --set --date "23 Oct 2016 21:00"

となる。

システムクロックとハードウェアクロックの同期

ハードウェアクロックをシステムクロックへ同期反映、もしくはその逆、システムクロックをハードウェアクロックへ同期反映する場合「systohc」や「hctosys」といったオプションを指定する。(それぞれsys to hc、その逆hc to sysと区切ると覚えやすい)

システムクロックの時刻をハードウェアクロックへ設定する。

# hwclock --systohc

ハードウェアクロックの時刻をシステムクロックへ設定する。

# hwclock --hctosys 

hwclockの主なオプション

hwclock -r or --show 現状のハードウェアクロックを表示

hwclock -w or --systohc システムクロックをハードウェアクロックへ設定

hwclock -s or --hctosys ハードウェアクロックをシステムクロックへ設定

第2オプション

--utc ハードウェアクロックをUTCとして設定する。

--localtime ハードウェアクロックをローカルタイム(例えば現在のタイムゾーンAsia/Tokyo)として設定

(表示ではなく実際に「設定」されることに注意しよう)

いずれも頻繁に使うものではないし、覚える必要はない。必要なときに見にくれば十分だ。

まとめ

このページではハードウェアクロックの設定方法についてまとめてきた。

ハードウェアクロックはずれやすいので、システムクロックを同期したタイミングで、ハードウェアクロックも調整してしまうといいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*