グループを追加する!groupaddコマンド詳細まとめ【Linuxコマンド集】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
groupadd

groupaddはグループを追加するLinuxコマンドだ。

このページでは基本的なグループの考え方と、groupaddコマンドによるグループの作成方法を説明する。

groupaddはサーバを管理する上で必須コマンドだ。参考にして頂ければと思う。

groupaddコマンドの基本

コマンドの基本動作

Linuxのグループについて全体像を知りたい方は下記のページを先に確認してほしい。

グループの追加は、一般ユーザーでは操作できない。スーパーユーザーなど、管理者権限を持つアカウントで操作する。

任意のグループ名でグループを追加するのは、次のとおり簡単だ。

$ groupadd グループ名

グループを追加するにはこれだけだ。

コンプライアンス部グループ(Compliance)を追加するには次のコマンドだ。

$ groupadd Compliance

groupadd

Complianceグループが作成された。

実際に作成されたか、/etc/groupの内容を確認してみよう。

$ cat /etc/group

cat /etc/group

このように、Complianceグループが作成されている。基本的な使い方はこの通りだ。

groupaddコマンドのオプションたち

コマンドの一覧

後から詳細をご紹介するが、まずは一覧で見てみよう。

オプション-g(オプション--gid GID)

グループ番号(GID)が任意の番号のグループを追加する

オプション-o(オプション—non-unique)

他のグループと重複するグループ番号(GID)のグループを追加する

オプション-p(オプション--password PASSWORD)

パスワード付きのグループを追加する

オプション-f(オプション--force)

すでに存在しているグループ名があったときにエラーを表示しない

詳細を説明する。

-gオプション(--gid GID)オプション:グループ番号(GID)が任意の番号のグループを追加する

グループ番号(GID)を任意の番号に指定したい時は、次のコマンドだ。

$ groupadd -g GID グループ名

デバッグチームグループ(Debug)を2050番のGIDで登録したい時は、次のコマンドだ。

$ groupadd -g 2050 Debug

groupadd -g 2050 Debug

Debugグループが2050番のGIDで作成された。

実際に作成されたか、/etc/groupの内容を確認してみよう。

$ cat /etc/group

cat /etc/group

Debugグループが2050番のGIDで作成されている。

-o オプション(--non-unique)オプション:他のグループと重複するグループ番号(GID)のグループを追加する

通常、同じグループ番号(GID)は1番号に1グループが組み付いて管理されている。

デバッグチームグループ(Debug)と同じ2050番のGIDでTeamAグループを作成してみよう。

$ groupadd -g 2050 TeamA

groupadd -g 2050 TeamA

エラーが表示され、登録されない。

もしも、同じグループ番号で違うグループ名を管理したいときは次のコマンドだ。

$ groupadd -g GID -o グループ名

ライセンス事業部グループ(License)を、デバッグチームグループ(Debug)と同じ2050番のGIDで登録したい時は、次のコマンドだ。

$ groupadd -g 2050 -o License

groupadd -g 2050 -o License

Licenseグループが2050番のGIDで作成された。

実際に作成されたか、/etc/groupの内容を確認してみよう。

$ cat /etc/group

$ cat /etc/group

Licenseグループが2050番のGIDで作成されている。

-pオプション(--password PASSWORDオプション):パスワード付きのグループを追加する

グループにパスワードを指定しながら作成したい場合は、次のコマンドだ。

$ groupadd -p パスワード グループ名

秘書室グループ(Secretary)を、パスワードPASSWDを指定し作成する時は、次のコマンドだ。

$ groupadd -p PASSWD Secretary

groupadd -p PASSWD Secretary

Secretaryグループがパスワード付きで作成された。

実際に作成されたか、/etc/groupの内容を確認してみよう。

$ cat /etc/group

$ cat /etc/group

Secretaryグループが作成されている。

-fオプション(--forceオプション):すでに存在しているグループ名があったときにエラーを表示しない

同じグループ名、同じグループ番号(GID)で複数の登録をすることはできない。

GIDに関しては-gオプションでもできるが、グループ名は重複できない。

すでに登録されているコンプライアンス部グループ(Compliance)で登録してみよう。

$ groupadd Compliance

groupadd Compliance

エラーが表示され、グループは追加されていない。

このエラーを表示しないようにするオプションが-fオプションだ。

エラーが表示されないだけで、実際にグループが上書き作成されるのはなく、重複の場合はグループの作成自体が中止される。

グループを作成した時に同じグループ名が存在していてもエラーを表示しないようにする場合は、次のコマンドだ。

$ groupadd -f グループ名

すでに登録されているコンプライアンス部グループ(Compliance)で登録し、エラーが表示されないようにするには、、次のコマンドだ。

$ groupadd -f Compliance

groupadd -f Compliance

エラーは表示されない。

-fオプションと-gオプションを同時に使用し、すでにあるGIDに対してグループを作成すると、グループは別のGIDで作成される。

すでに登録されている2050番のGIDとして、TeamZグループを登録してみよう。

$ groupadd -g 2050 -f TeamZ

groupadd -g 2050 -f TeamZ

どのように作成されたか、/etc/groupの内容を確認してみよう。

$ cat /etc/group

cat /etc/group

TeamZはGIDが指定した2050番ではなく、2052番として登録された。

groupadd関連コマンド

最後にgroupaddコマンドに関連して、基本的なグループ関連、及びアクセス権限関連のコマンドも紹介しておく

groupmodコマンド

グループの設定を変更する。

groupdelコマンド

グループを削除する。

useraddコマンド

ユーザーを追加する。

usermodコマンド

ユーザーの設定を変更する。

userdelコマンド

ユーザーを削除する。

chownコマンド

ディレクトリやファイルの所有者を変更する。

chgrpコマンド

ディレクトリやファイルにアクセスできるグループを変更する。

chmodコマンド

ディレクトリやファイルのアクセス権を変更する。

まとめ

今回は、groupaddコマンドを使ったファイルやディレクトリにアクセスするグループの追加の方法を解説した。

グループはファイルのアクセス権に関する重要な設定だ。Linuxサーバーの管理者は必須のコマンドである。

ぜひ理解し、活用して欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*