1分解説!uptimeコマンドの使い方 【Linuxコマンド集】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
uptimeコマンド

uptimeはLinuxの稼働時間を調べるコマンドだ。

使い方とは言っても、叩けばすぐにわかるだろうが、画面も含めて解説しよう。

uptimeコマンドの基本

コマンドの基本動作

使い方は、次のとおり簡単だ。

$ uptime

uptimeコマンド

Linuxの稼働時間を表示した。

現在の時間が09:07:47と表示されている。

稼働時間がup 15 days, 8:10であることがわかる。

接続しているユーザーは5 usersだ。

システムにかかっている負荷もload averageを見ればわかる。

CPU一つ当たりの待ちが発生している平均プロセス数で表され、直近の1分内の平均負荷が0.83、直近の5分内の平均負荷が0.86、直近の15分内の平均負荷が0.96であり、負荷が次第に緩和されていることがわかる。

uptime関連コマンド

最後にuptimeコマンドに関連して、基本的なシステム管理のコマンドも紹介しておく

psコマンド

実行しているプロセスの情報を表示する。

jobsコマンド

実行しているジョブの情報を表示する。

killコマンド

プロセスを終了させる。

shutdownコマンド

Linuxを終了させて電源を切る。

まとめ

このページでは、uptimeコマンドを使ったLinuxの稼働時間の確認方法を解説した。

Linuxサーバーは常時稼働しており、ほとんど電源を切ることがなく、稼働時間がどうしても長くなりがちだ。

連続稼働時間が長くなれば故障、メモリリークと呼ばれるメモリを使った後に残る不要なデータが増えるなどの不具合につながる要因となる場合もある。

稼働時間はルールを定めて管理し、適宜shutdownコマンドの-rオプションで再起動をするなど工夫しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*