ログインしているユーザを表示するwコマンドの使い方【Linuxコマンド集】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
wコマンド

wは現在Linuxにログインしているユーザーの情報を表示するコマンドだ。

ひとりで使っていると使わないためか意外と知らない人が多かった。しかし、Linuxの管理者は必須のコマンドで、かつ簡単なコマンドだ。

この機会に使い方を把握しておこう。

wコマンドの基本

コマンドの基本動作

使い方は、次のとおりだ。

$ w

現在Linuxにログインしているユーザーの情報を表示するにはこれだけだ。

wコマンド

現在Linuxにログインしているユーザーの情報の表示ができた。

USERはユーザー名、TTYは端末名、FROMがログインしているコンピュータ名、LOGIN@はログイン時間、IDLEが接続経過時間、JCPUはすべてのプロセスが使用した時間、PCPUはプロセス単体が使用した時間、WHATが動作しているプロセスだ。

wコマンドのオプションたち

-sオプション:簡易表示する

オプションは-sオプションひとつだけだ。ログインしているユーザーの情報を簡易表示できる。

書式は次のとおりだ。

$ w -s

wコマンド -sオプション

ログインしているユーザーの情報が簡易表示された。

関連コマンド

最後にwコマンドに関連して、基本的なユーザーやコンピュータの管理するコマンドも紹介しておく

psコマンド

実行しているプロセスの情報を表示する。

jobsコマンド

実行しているジョブの情報を表示する。

useraddコマンド

Linuxにユーザーを追加する。

usermodコマンド

Linuxに登録されているユーザー情報を変更する。

userdelコマンド

Linuxに登録されているユーザーを削除する。

まとめ

今回は、wコマンドを使ったログインしているユーザーの確認方法を解説した。

ネットワークで接続しているユーザーがどのコンピュータから、どの端末でログインしているか、いつからログインしているか一目で管理できるので、接続したままにしているユーザーなどを監視することができる。

また、プロセスの実行時間を見ることで、各ユーザーの稼働率も管理することができる。

一文字で簡単なコマンドだ。ぜひ覚えておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*