【Linux入門】ディスプレイマネージャとは?と3分でわかる変更方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ディスプレイマネージャとは?

ディスプレイマネージャとは、LinuxのGUI環境というくらいに捉えておくのが簡単でいいだろう。(実際にはちょっと違うが)

Xディスプレイマネージャとも言うが、X Window System上のプログラムの一つで、これを利用するとGUIでのログインが可能になる。

このページではもう少し詳しいところの説明と、変更方法について解説した。参考にしてほしい。

ディスプレイマネージャとは?

Linuxを最小限構成でインストールした場合、コンソールログイン画面にたどりつくはずだ。GUI環境を立ち上げるには、CUIからログインして「startx」とする場合が多いだろう。

しかし「いちいちログインしてからstartxコマンドを叩くのも面倒だ」という方もいらっしゃると思う。そもそも「デスクトップならば、デスクトップらしくGUIでログインしたい」というのももっともな意見だ。

Linuxではそういった声にこたえるために「ディスプレイマネージャ」というものが存在している。これを使用するとGUIでのログインが可能になる。なおGNOMEなどのデスクトップ環境をセットアップした場合「GDM」や他なにかしらのディスプレイマネージャがインストールされることがほとんどだ。

gdm

ディスプレイマネージャの種類

XDM

Xのデフォルトのディスプレイマネージャであり、デスクトップ環境に依存しない質素な作りをしている。

GDM

GNOME標準のディスプレイマネージャ、基本的にGNOME環境とあわせて使用する。ウィンドウマネージャやKDEなども選択することも出来る。CentOS7ではこれがデフォルトのディスプレイマネージャとなっている。

KDM

KDE標準のディスプレイマネージャ、基本的にKDE環境とあわせて使用する。GDMとおなじくウィンドウマネージャなども起動出来るようになっている。

LightDM

特定のデスクトップ環境に依存しない、モダンなディスプレイマネージャ、Ubuntuなどがデフォルトのディスプレイマネージャとして採用している。

ディスプレイマネージャを有効にするには

CentOS7の場合まずは、ディスプレイマネージャでのログインを有効化するために下記のコマンドを叩く

# systemctl set-default graphical.target

ディスプレイマネージャが複数ある場合有効にしたいディスプレイマネージャをsystemctlコマンドでenableを指定、他はdisableとする(lightdmはepelリポジトリにふくまれているlightdmを試す場合epelリポジトリを追加しよう)

# systemctl disable gdm

# systemctl enable lightdm

設定をおえたら、再起動すると「lightdm」に切り替わっているはずだ。

lightdm

元に戻す場合は

# systemctl disable lightdm

# systemctl enable gdm

として再起動すればよい。

なおGNOME3は「クラシックモード」とそうでないモードがある、インストール時のデフォルトはクラシックモードなので、ディスプレイマネージャを変更したら「GNOMEクラシック」を選択しよう。

また全てのディスプレイマネージャを「disable」にして再起動するとコンソールログインになる。

まとめ

このページではディスプレイマネージャーについて簡単にご紹介した。意外と変更は簡単だとお感じになったのではないだろうか?

ぜひ色々なGUIを試してみていただければと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*