【2017年】Linuxディストリビューションのシェアは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
linuxディストリビューションのシェア

このページではLinuxディストリビューションのシェアをまとめてご紹介する。

総括すると人気のUbuntu、安定のCent&RHELという感じだろうか。

Linuxディストリビューションシェア

シェアを参考に

Linuxを使用してみたいが、どれを試してみればいいかわからないという方はいるだろう。Linuxディストリビューションはたくさんあり、どれを使おうか迷うところだ。

その際はシェアを参考にするといいだろう。シェアが高いということはそれだけ情報も多いということだ。

いずれもLinuxなのでどれから手を出しても、それほど困るものではない。が、はじめてLinuxを触るのであれば情報が多いものの方がトラブルに見舞われたときに対処がしやすいはずだ。

シェアが確認できるサイト

具体的なディストリビューションのシェアを記録提示しているサイトは多くない。

Linuxディストリビューションがそもそも、個人で作成可能であり、星の数ほど存在し、特に統計をとりにくいというものある。

そのなかでも貴重なデータとして参考になるのが「W3Techs」や「distrowatch」といったサイトだろう。W3TechsはサーバのLinuxディストリビューションシェアを公開している。distrowatchは人気のディストリビューションをランキングしている。「人気のディストリビューションを知りたい」「Linux界隈のサーバのシェアを把握しておきたい」などの場合は利用するとよいだろう。

サーバ用途としてのシェア

W3Techsのサーバ用途でのLinuxのシェア

W3techs

https://w3techs.com/technologies/history_details/os-linux

情報はクローラ(Web上で情報を集めるロボット)でWebのクローリングを利用して、その際に得られた情報を元にしているとのこと。ウェブサイトのアクセス数を調査統計することを事業のひとつにしている企業Alexaのランキング上位1000万Webサイトを参照し、WebサーバのLinuxディストリビューションのシェアを公開している。

情報がサーバ用途となるLinuxに触れていると自ずとサーバとして使用する機会がある。エンジニアを目指すというのなら把握しておきたい情報だろう。

2017年2月の段階では

  • Ubuntu 35.2%
  • Debian 31.8%
  • CentOS 20.5%

この3つのディストリビューションが圧倒的に強い。

Ubuntuは大量のサーバを立ち上げるのに必要な技術を蓄えてきたため、近年の大量サーバ立ち上げ状態に強くなっている。そのため、Debianのシェアを食べて成長している。

CentOSは常に安定だ。ちなみに4位はRHELで、こちらも安定している。

人気度

「いまどのディストリビューションが人気なのか?」「ぱっとお勧めは?」そういった要望にこたえてくれるのが「distrowatch」というサイトだ。

あくまでも人気度であり、シェアとは別の数字だが参考にはなる。

distrowatch

http://distrowatch.com/

下記のページから「Last 12 months」過去12ヶ月の人気度ランキングが提示されている。

distrowatch-rank

https://distrowatch.com/dwres.php?resource=popularity

こちらのサイトでもUbuntu系OSが筆頭にあがっている。こちらはサーバ用途というより全体用途なので、Ubuntuが強い。

  • 1 Mint
  • 2 Debian
  • 3 Ubuntu

まとめ

このページではLinuxディストリビューションシェアについてまとめてお伝えした。

これらを見る限り、個人で使うのであればUbutu系(MintやUbuntu)、企業サーバとしてはUbuntu・Debian・CentOSから選ぶのがいいだろう。

多くの場合既存のサーバ状態に合わせることになると思うが、新規でインストールするときは参考にしてみてはいかがだろうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*