【すぐわかる】Ubuntuの再起動方法・GUI & コンソールどちらも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページではUbuntuの再起動の方法についてお伝えした。

GUI・コンソールどちらも解説している。いずれも簡単だ。

GUIでのUbuntuの再起動

GUIでのUbuntu再起動は下記のようになる。

まずは、右上の小さな歯車マークをクリックする。

再起動

ここには再起動の表示がないが、シャットダウンの項目をクリックすると再起動のボタンも一緒に表示される。

ubuntu-reboot

再起動をクリックすれば再起動がおこなわれる。

ターミナルからのUbuntuの再起動

もちろんだがターミナル端末からでも再起動は可能となっている。

GUIからやるとなるとわざわざターミナルを出す必要はないが、一応。

左の一番上のアイコンをクリックして検索欄に「terminal」と打ち込むと以下のようなものがヒットするはずだ「端末」をクリックしてターミナルを起動しよう。

ubuntu-reboot3

$ sudo shutdown -r now

もしくは

$ sudo reboot

ubuntu-reboot4

とすればよい

このときパスワードをsudoから要求してくるが、インストール時に自分で設定したパスワードを入力する。

コンソールからの再起動

なにかしらのトラブルでGUI環境がハングアップしたなどの場合でも、外見的にハングアップしているだけでシステムは健在であることが多い。そういったときはとりあえず「Control+Alt+F2」などを押してみよう。黒いコンソール画面にたどりつくはずだ。そこから、ログインして

ubuntu-reboot6

$ sudo shutdown -r now

もしくは

$ sudo reboot

ubuntu-reboot5

とすれば再起動できるはずだ。

まとめ

このページではUbuntuでの再起動について簡単にまとめてきた。

より細かい所やシャットダウンなどについても知りたい方は下記をご参考に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*