【Linux入門】ローカライズの方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Linuxのローカライズ

Webやスマートフォンアプリケーションの分野では特にだが、サービスのグローバル化が進んでいる。様々なサービスがリリースされ、海外のサーバを使ってLinuxを動かすことも多くなってきた。

ほとんどのクラウドサービスは日本語であればGUIでローカライズができるようになっているが、細かいところの変更や自社独自仕様によりローカライズが必要になってくる。

下記のページではLinuxのローカライズについてまとめている。順に読んでいっていただければ、一通りの知識が身につくだろう。

 

最近の投稿

  • linuxの文字コード
    2016.10.26
    【初心者でも知っておきたい】Linuxでの文字コードの確認と変更方法

    Linuxでの文字コード設定はシステムやWebサイトの表示に直結してくる。 初心者の方が、Linuxを触って困 […]

  • Linuxのタイムゾーン
    2016.10.25
    【設定確認から変更方法まで】Linuxでのタイムゾーンの扱い方

    タイムゾーンとは、国や地域ごとの標準時刻や時間帯のことだ。コンピュータやシステムには時間が大いに関係していて、 […]

  • linux ロケール情報
    2016.10.20
    【Linux入門】ローカライゼーションのためのロケール情報設定方法

    少し前までバズワードでしかなかったグローバルという言葉も、ここ10年で定着し、ビジネスとして必ず考えなければい […]

  • 最新記事一覧はこちら

    短期間でエンジニアになる方法

    ・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

    ・「プログラマーとして転職をしたい!」

    という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

    エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

    無料で2,3日中にお手元にお届けします。


    資料を見てみる

    ご質問・ご不安な点はありませんか?

    分かりにくい、より深く知りたいなどご意見がありましたらお問い合わせください。
    より詳しい分かりやすい情報をあなたにご提供します。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お問い合わせ項目(必須)
     授業に関するご相談 企業研修のご相談 採用応募 その他

    メッセージ本文