【Java & Tomcat】HttpServletResponseインターフェイスについて知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事ではサーブレットがクライアントにレスポンスを返す際に、そのレスポンスを格納するオブジェクトとそのオブジェクトにアクセスするためのインターフェイスについて解説する。

HttpServletResponseインターフェイスとは何か

最初に、クライアントに返すレスポンスの情報がどのようにWebコンテナによって処理されるか見てみよう。レスポンスの情報はHttpServletResponseオブジェクトに入れてサーブレットとWebコンテナの間で受け渡しされる。

HttpServletResponseインターフェイスとは、このHttpServletResponseオブジェクトに情報を入れたり出したりしてアクセスするためのインターフェイスである。

HttpServletResponseオブジェクトは、サーバーからクライアントへ戻されるすべての情報をオブジェクトの内部にカプセル化している。つまり、HttpServletResponseインターフェイスに定義されたメソッドを使ってのみアクセスできると言うことだ。HTTPプロトコルの中で、カプセル化された情報はサーバーからクライアントにレスポンスのHTTPヘッダーかメッセージのボディによって送信される。

HttpServletResponseオブジェクトへのインターフェイス

レスポンスを送信するためにHTTPに依存する機能を提供するためにServletResponseインターフェイスを拡張したのが、HttpServletResponseインターフェイスである。例えば、HTTPヘッダーやボディにアクセスするためのメソッドを持っている。

WebコンテナはHttpServletResponseオブジェクトを生成して、それをサービスメソッド(doGet, doPostなど)に引数として渡す。

サーブレットは、引数として渡されたHttpServletResponseオブジェクトに対してメソッドを介して情報を読んだり書き込んだりする。それぞれのメソッドの詳細は別の記事で見ることができる。

まとめ

HttpServletResponseインターフェイスは、レスポンスの送信に関して HTTP 独自の機能性を与えるためにServletResponse インタフェースを拡張したもの、という所がポイントだろう。アプリケーションによって生成されるWebページの構成がより自由に出来るということでもあるので覚えておきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リカレントテクノロジーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リカレントテクノロジーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する