【初心者向け】Pythonの特徴8選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Pythonは手軽にかつ実用的なソフトウェアを作ることができるように設計された、近年最もHOTなプログラミング言語だ。

このページでは、Pythonの特徴について初心者の方でもすぐに理解できる範囲でまとめた。読めば、「Pythonとはこういう言語か」というのが大まかにわかるようになるだろう。

学習コストの低さと生産性の高さから、現在ではWebアプリケーションの構築からデータ分析まで様々な方面で利用されており、近年では、数あるプログラミング言語の中でも、非常に人気な言語となっている。

PYPL(Googleの検索エンジンによってプログラミング言語のチュートリアルが検索された回数を集計し、対象のプログラミング言語がどれだけ話題となっているかを表したもの)が発表しているプログラミング言語のランキングでも上位を占める、今話題のプログラミング言語だ。

PYPL(http://pypl.github.io/PYPL.html) 2019年10月現在

Pythonはプログラミング言語の中でも習得が早く、使い勝手のいい言語として知られている。

様々な場面で「Python」という言葉を耳にするはずだ。それだけ汎用的に使われている。

Pythonの特徴

特徴その1.有名なサービスの構築にも利用されている

Pythonは、Webアプリケーションの構築からAI、データ分析など様々な方面で使われているプログラミング言語だ。

有名なものであれば以下のようなサービスがPythonで作られている。

  • Youtube
  • Instagram
  • DropBox

これを読んでいる読者も一度は利用したことがあるだろう。

近年では、科学分野の機械学習やAIの開発でもPythonが活躍している。

今プログラムを学ぶのであれば、Pythonは非常におすすめの言語だ。

特徴その2.可読性が高い

Pythonは、記述しなければいけないプログラムの量がCやJavaよりも短く、簡単にプログラミングできるようになっている。文法自体が単純で誰が書いても同じようなコードとなるようにデザインされているからだ。

Javaの文法であったような、ブレース({}などの波括弧)や、行末のセミコロンは不要だ。

その代わり、インデント(タブやスペースによる字下げ)によって処理のブロックを判別するような構文規則をとっている。

例えば、数値の絶対値を計算するプログラムを記述した場合、PythonとJavaを比較してみると違いがよく分かるはずだ。

Python

Java

しかし、Javaのプログラムでは以下のように書いても間違いではなく、エラーにもならない。

Pythonでは、インデントを構文規則(守らないとエラーとなる)で決めているため、Javaのような好き勝手な書き方はできない。

これにより、プログラミングする開発者が別の人であっても、単純で短く、分かりやすい、そして似たようなプログラムが書けるように工夫されてるのだ。

結果として、学習コストが下がるとともに、開発時間の短縮、生産性の向上につながっている。

特徴その3.オブジェクト指向言語である

Pythonは、C++やJavaのような、クラスベースのオブジェクト指向言語でもある。

オブジェクト指向とは?については下記のページが詳しい。

 

また、Pythonでは、数値、文字列、入出力といったすべてのデータがオブジェクトとして扱われるのも特徴の一つだ。

特徴その4.動作確認が簡単

Pythonプログラムは、動作確認が非常に簡単でることも特徴の一つだ。

CやJavaのプログラムでは、実行のためにコンパイルと呼ばれる作業が必要になる。コンパイルとはコンピュータがプログラムを実行できる言葉に翻訳する作業だ。

下記のような形で、全てのプログラムを一回翻訳して機械語ファイルに直してからCPUで実行する流れになる。

コンパイル

一方で、Pythonではインタプリタと呼ばれる翻訳機がソースコードを1行ずつ翻訳しながら実行することが可能だ。

インタプリタ

このような言語の方式をインタプリンタ型と呼び、Pythonのようなスクリプト言語で採用されている。

プログラミングしている中で、動作確認したい箇所だけを、手軽に動かして確かめることができるのは、Pythonならではだろう。

特徴その5.オープンソースである

Pythonは、誰もが開発に参加することができ、ソースコードも無償で公開されているオープンソースのプログラミング言語だ。

もちろん、利用する側も無料でダウンロードして使うことができる。

特徴その6.様々な環境で動かすことができる

Pythonは以下の環境で動かすことができる。

  • Linux
  • Windows
  • Mac OS
  • iOS
  • Android

パソコン上だけでなく、スマートフォン上で動かすアプリも作ることが可能だ。

特徴その7.公式サイトに必要な情報がまとめられている

Pythonの情報を得るためには公式サイトを確認するのが最も確実だろう。Pythonの公式サイトやチュートリアルも日本語に翻訳されているので安心だ。

公式サイト

Pythonの公式サイトでは、最新版のPythonをダウンロードできるほか、Pythonに関する情報が多数掲載されている。
https://www.python.org

Pythonドキュメント

Pythonのプログラミングで常に参照するドキュメントだ。チュートリアル、ライブラリリファレンス、言語リファレンスなどのマニュアルを確認することができる。
https://docs.python.org/ja/3/

コーディング規約

Pythonの標準ライブラリに含まれるPythonコードのコーディング規約だ。
https://pep8-ja.readthedocs.io/ja/latest/

特徴その8.Pythonのプログラミングは楽しい

Pythonには上記に記した特徴がある。しかし、現在Pythonが人気となっている最大の理由は、「Pythonでのプログラミングが楽しいから」だと言われている。

パイソニスタたちは、仕事でPythonのプログラミングをするだけでなく、日常の小さな課題もPythonで効率的に解決している。手作業で時間が掛かっていた単純作業をPythonでスマートに自動化することだって可能だ。

まとめ

このページではPythonの特徴をまとめてご紹介した。

  • 近年人気が急上昇している言語である
  • Webアプリケーション、機械学習、AIの開発ができる
  • 初心者に優しい

という3点をまずは掴んでおけばいいだろう。興味が出てきたら、ぜひPythonの公式サイトからダウンロードし、勉強を始めてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ゼロからエンジニアを目指す方へ
短期間でエンジニアになる方法

必要な勉強や技術の最新動向、本当に使えるIT資格、学習に役立つ国からの奨励金などの情報を無料でお届け

資料を見てみる