【2020年度版】おすすめの新入社員PHP研修企業 13選

PHP研修企業 トップ画像
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PHP研修はエンジニアの新入社員研修として人気がある。理由は様々あるが、基本は2点だろう。「自社のサービスがPHPでできている」と「とりあえずWebアプリの全体像を知るのにPHPは使い勝手がいい」という理由だ。

Pythonなどの言語が人気になってくるにつれてPHPの開発ボリュームは減ってきているかもしれないが、まだまだ需要が高い言語であり続けるはずだ。

この記事では新入社員向けにPHPの研修を行っている企業をまとめてみた。研修依頼先探しの参考にしてもらえればと思う。

新入社員向けPHP研修企業

それでは早速PHP研修を行っている研修企業を紹介していこう。

リナックスアカデミー

リナックスアカデミーのホームページ画像

https://www.linuxacademy.ne.jp/biz/

「全ての人をエンジニアの入り口に導くという」理念のもと、初心者の教育に集中している研修企業がリナックスアカデミーだ。主な特徴としては次の通りだ。

  • ITメガベンチャー・大手企業での採用実績など研修実績が豊富
  • PHPの公開講座を15年以上行ってきており、リピート割合が多い
  • 一社研修の際の対応力が大きい

などの特徴が示されている。

PHPの公開講座では、HTML、CSS、JSから始まりPHPプログラミング基礎からフレームワーク、データベースと幅広く学べるようだ。集合研修ならではのチーム開発演習という実践的な部分まで網羅されている。

上記メニューは35日間(約2ヵ月)で行われるが、2日~3日間の短期間でPHPを学べるメニューもある。

emTech Academy

emTech Academyのホームページ画像

https://emtech-academy.com/

法人向け研修を札幌、東京、大阪の3箇所で開催している。

研修内容としてはJSなどのフロントエンドからPHP基礎、データベース連携、開発演習などを一通り学べるカリキュラムとなっている。

研修スタイルは集合型の研修で、33日間 の研修がメインコンテンツになっているようだ。

組み込み系の研修なども行っており、コースラインナップが豊富な研修企業だ。

システムアーキテクチュア ナレッジ

システムアーキテクチュア ナレッジのホームページ画像

https://www.networkacademy.jp/

個人のスクールとしても有力な研修企業だ。スクールとしては、集合研修+マンツーマン形式でのサポートやIT専門エージェントによる就転職サポートなどが受けられることが特徴だ。

メニューとしては「PHP基礎学習コース」や「LAMPWEBアプリケーション基礎 / 応用 コース」、「LAMPWEBアプリケーション総合開発コース」がある。

◆研修スタイル

・集合研修+マンツーマン

神田ITスクール

神田ITスクールのホームページ画像

https://kanda-it-school-kensyu.com/

設立から10年を超える研修会社だ。

カリキュラムの特徴としては基礎まで、ECサイト開発まで、フレームワークまでというように目指す取得スキルに合わせてコースが選べる事だ。また、個人向けにも「PHP超入門」講座という通信講座を行っている。

◆研修スタイル

・集合研修

◆費用感

・20日間 160,000円 ~ 40日間 320,000円

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾のホームページ画像

https://www.sejuku.net/

専属の講師によるマンツーマンレッスンと完全オーダーメイドカリキュラムが特徴。

コースも1ヵ月、3ヵ月、6ヵ月と選択できるので目的に合わせた受講が可能だ。

◆研修スタイル

・マンツーマン

◆費用感

・1ヵ月 168,000円、3ヵ月 438,000円、6ヵ月 698,000円

CodeCamp

CodeCampのホームページ画像

https://codecamp.jp/

現役エンジニアによるオンラインレッスンを受ける事が可能で場所を選ばないで学習できる事が強みだ。

また、7:00~23:40というレッスン対応時間により多忙な方でもレッスンを受けやすい。メニューとしてはHTML、CSS、JSのフロントエンド言語とPHPとデータベースを一通り学習できる「Webマスターコース」がある。

企業研修向けもあり、マンツーマンのため遠方でも、レベル差が大きくても対応できるのが特徴だ。

◆研修スタイル

・オンライン

KENスクール

KENスクールのホームページ画像

https://www.kenschool.jp/

事前に個別カウンセリングを行い「目的・スキル・通学ペースなど」を参考に1人1人の理解度に合わせてマンツーマンでの授業を行っている。また、IT業界への就職が非常に強い事も特徴だ。(就職率83%・就転職者の約半数は未経験者)

メニューとしてはPHPベーシック講座、PHPアドバンス講座、PHP+Wordpress講座、PHPショッピングサイト構築講座の4つがある。

企業研修としてもPHP研修を提供しており、長年の実績がある信頼できるスクールだ。

◆研修スタイル

・マンツーマン

Winスクール

Winスクールのホームページ画像

https://www.winschool.jp/

北海道から鹿児島まで全国に55校展開しており国内の様々な場所で展開されているスクールだ。55箇所での実施は、全国最大だと思われる。

カリキュラムとしてはHTML・CSSからPHPの基礎を学習できる「PHPベーシック」、PHPの基礎からデータベースの構築・連携を学習できる「PHPエンジニア」がある。

企業からもPHP研修として受講は可能だ。

◆研修スタイル

・マンツーマン

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーのホームページ画像

http://haa.athuman.com/

日本で最大の総合社会人スクールであるヒューマンアカデミーは様々な講座を開設しているが、PHPの講座がある。法人研修としても利用可能だ。

オンラインを組み合わせているため、地域を選ばず学習することが可能だ。主なカリキュラムはHTML・CSSのフロントエンド言語、データベース基礎、PHPプログラミングとなっている。

◆研修スタイル

・オンライン

オモドック・スクール

オモドック・スクールのホームページ画像

http://www.omodok.co.jp/it/

完全自由予約制のため、仕事や学校に通いながらでも受講しやすい。

初心者向けの「Web言語基礎」から「PHP-MySQL」講座というようにスキルの習得状況に応じて受講する講座を選択可能だ。また、フレームワークも「ZendFramework」か「CakePHP」から選択する事ができる。

Zendは研修できる研修企業が減っている印象があるため、Zendでの研修を実施したければ、オススメの研修企業だ。

◆研修スタイル

・マンツーマン

TechAcademy

TechAcademyのホームページ画像

https://techacademy.jp/

オンライン型の受講スタイルだが、専属のパーソナルメンターがサポートを行っており、週2回のマンツーマンメンタリングや15時~23時のチャットサポート、回数無制限の課題レビューなどが受けられる。

上記CodeCampと似た形で、研修としても利用できる。

カリキュラムではPHPの基礎からフレームワーク(Laravel)、さらにGitでのバージョン管理など、実用的な内容まで学ぶことが可能だ。実績もあり、安心感がある。

◆研修スタイル

・オンライン

アイクラウド研修サービス

アイクラウド研修サービスのホームページ画像

https://www.icloud.co.jp/

都内に3箇所の研修会場を展開しており、更には講師を派遣することで「全国」に対応しているのが大きな特徴だ。

研修カリキュラムに関しては基礎、応用、実践まで網羅されており、1社用にカリキュラムをカスタマイズする事も可能となっている。

◆研修スタイル

・集合研修

INTERNET ACADEMY

INTERNET ACADEMYのホームページ画像

https://www.internetacademy.jp/

授業ごとに集合研修、マンツーマン、オンデマンドの3タイプから研修スタイルを選ぶことが可能だ。また、運営母体が制作会社のため、インストラクターの質が高いことが特徴だ。

Webデザイントレーニングで有名な企業であり、PHPを学ばせたいが、デザイン面も一緒にという企業に最適な提案をしてもらえるだろう。

◆研修スタイル

・集合研修 or マンツーマン or オンデマンド

まとめ

この記事では、新入社員向けに使えるPHP研修を実施しているスクールを13企業紹介した。

各研修企業によってカリキュラムやサポート体制、価格など様々なので興味のある企業があったら是非、資料請求を行っていただければと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

新入社員エンジニアを育てるには?

・「初心者のエンジニアをゼロから育成したい」


・「自社向けに研修をアレンジして提供して欲しい」


という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができる研修企業として20年近く選ばれ続けてきた理由や研修ノウハウが載った資料です。


エンジニアの入り口に立ってもらうための新人ならではのポイント、育成に役立つ国からの助成金などの情報が詰まっています。


無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料請求を請求する

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

ゼロからエンジニアを目指す方へ
短期間でエンジニアになる方法

必要な勉強や技術の最新動向、本当に使えるIT資格、学習に役立つ国からの奨励金などの情報を無料でお届け

資料を見てみる