【使えるものをPickUp】viでのコピー・カットの方法

viのコピーとカット

テキストファイルを使っていると必ず使うのがコピーアンドペーストとカットアンドペーストだ。viでももちろんコピーもカットも使えるようになっている。

このページではviでのコピーやカットの方法についてお伝えした。参考にしていただければと思う。

続きを読む

【初心者がイメージだけ掴む】仮想マシンとは?

仮想マシンとは

仮想マシンとは「仮想的に作られたハードウェア」のことだ。

物理的にマシンを用意するのではなくて、例えばコンピュータの上に「仮想的に」もう一台コンピュータを動かすイメージだ。

このページでは仮想マシンについて初心者の方向けにざっくりのイメージをお伝えする。

続きを読む

Javaメソッドの可変長引数 (最後の引数)の使い方

可変長引数

メソッドで引数の数を事前に設定したくないときがある。

例えば、入力した数字の平均値を出すというメソッドの時、何個入力するかはそのときどきで変えたい場合があるだろう。

そんなときに使えるのが、可変長引数だ。このページではJavaメソッドの可変長引数の使い方についてお伝えする。とはいえ、使い方は簡単だ。

続きを読む

sumコマンドについて詳しくまとめました 【Linuxコマンド集】

sumコマンド

sumはファイルのチェックサムを計算するコマンドだ。

チェックサムとは、データ全体を特殊な計算アルゴリズムで算出し、導きだす数字のことで、ファイルの内容が同じであれば同一のチェックサムになる。

昔の通信方法では、ファイルを相手に送った際に、コピーミスや転送漏れによりファイルが正しく届かなったこともあった。その時に、チェックサムも同時に送ることで、送信側、受信側でチェックサムが同一であれば、ファイルは正しく送信されたと判断できた。

今日においては転送漏れなどが発生することは少なくなったが、転送経路の中で、ファイルを改ざんされるという事件がまれに起きる。

このような改ざんを防止することや、そもそもファイルの送り間違いなどの人的ミスもチェックサムの活用によって防ぐことができる。

続きを読む

【初心者向け】Javaメソッドのreturnの使い方

javaメソッドのreturn

Javaに限らずメソッドを利用するとき、何かの値を入力して何かの値を出力したいというときは多い。

値の入力には引数を使うが、出力にはreturnを使う。また、returnは処理の中断にも使える。

このページではJavaメソッドのreturn文の使い方についてお伝えしよう。

続きを読む