一覧で確認!Java日付の取得方法と日付クラスまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
javaの日付

プログラムで扱う事ができるデータ型のうち、日付型のデータを扱う機会は非常に多い。

それはJavaプログラミングにおいても例外ではないが、Javaの場合は日付を扱えるクラスが複数あるので混乱する方も多いだろう。

このページでは、Javaにおける日付の扱い方について、基本的な使い方とクラスごとの詳細について紹介していく。

Javaで今日の日付を取得する

細かいことはいいから、とりあえず今日の日付の出し方を知りたい、という方もいると思う。はじめにJavaで今日の日時を取得する方法だけお伝えしておく。

Javaで現在の日時を取得する方法は次の通りだ。

Dateクラスを使う

Calenderクラスを使う

それぞれのクラスの詳細は、下に載っているので確認してほしい。

日付に関連するクラスの種類

Javaプログラミングにおいて、日付型を扱うときに使用する代表的なクラスは以下の通りだ。

クラス

内容

java.util.Date

日付を扱うクラス

java.util.Calendar

日付の操作、計算などを扱うクラス

java.text.SimpleDateFormat

日付書式を扱うクラス

 日付を扱うクラスとしては、JDK1.8から新しくjava.timeパッケージがリリースされているが、まずは基本となる上記の3つのクラスについて理解しておこう。java.timeパッケージは別の機会にでも紹介する。 

Dateクラス(java.util.Date)

Dateクラスはjavaの初期から使われているクラスで、単純に日付を取得したいときや簡単に表示したい時などに使うケースが多い。

主なメソッド

戻り値の型

メソッド

内容

boolean

after(Date dt)

2つのDateを比較し、指定した日付より後の日付かどうかを判定する。

boolean

before(Date dt)

2つのDateを比較し、指定した日付より前の日付かどうかを判定する。

Object

clone()

Dateオブジェクトのコピーを返す。

int

compareTo(Date dt)

2つのDate型を比較する。同じ場合は0、引数の日付が前の日付の場合は正の値、引数の日付が後の日付の場合は負の値を返す。

boolean

equals(Object obj)

2つのDateが等しいかどうかを判定する。

String

toString()

Dateを文字列で返す。

サンプルプログラム

実行結果

プログラムの説明

それでは簡単に説明してみよう。[]で囲んだ番号はサンプルプログラムの位置を意味するので、プログラムや実行結果を見る時に役立ててほしい。

  • [1]Dateオブジェクトを新しく生成している。この時点では生成した日付が設定される。
  • [2]新しいDateオブジェクトをコピーしている。
  • [3]dtを文字列で表示している。Dateオブジェクトは海外のフォーマットで表示されるので、日本人にはなじみにくいかもしれない。
  • [4]dtをコピーしたdt2を表示している。コピーしているので値は同じとなる。
  • [5]dtとdt2をafter()で比較している。同じ値なので「false」が返る。
  • [6]dtとdt2をbefore()で比較している。同じ値なので「false」が返る。
  • [7]dtとdt2をequals()で比較している。同じ値なので「true」が返る。
  • [8]dtとdt2の日付の差を比較している。同じ値なので「0」となる。

Dateクラスで注意すること

このクラスを注意しておきたいのは、非推奨のメソッドが多いという点だ。

非推奨のメソッドというのは、Dateオブジェクトが生まれた当時は使われていたが、javaの改変につれて使われなくなり、別クラスのメソッドに置き換わった機能のことを意味している。今でも非推奨のメソッドを使う事ができるが、非推奨のメソッドを使うことはあまりオススメしない。今後、javaの改変が進むにつれて、非推奨のメソッドが使えなくなる可能性もあるからだ。

サンプルでは同じ日付のDateオブジェクトばかり比較しているのがわかる。本来なら別の日付を比較したいところだが、Dateクラスで日付を操作するメソッドは非推奨なのであえて使用していない。非推奨のメソッドはDateだけでなく他にもあるので、新しいクラスを操作する場合はjavadocを見てチェックするようにしてほしい。 

Calendarクラス(java.util.Calendar)

CalendarクラスはDateクラスよりも豊富な機能を持っており、文字通りカレンダーを見るように日付の計算や参照ができるクラスだ。

主なメソッド

戻り値の型

メソッド

内容

Calendar

getInstance()

カレンダーオブジェクトを取得する。

int

get(int fld)

指定したカレンダーフィールド(年、月、日など)の値を返す。

void

set(int fld, int val)

指定したカレンダフィールドに値を設定する。

void

set(int year, int month, int day)

年、月、日を設定する。

boolean

equals(Object obj)

2つのCalendarが等しいかどうかを判定する。

void

add(int fld, int val)

指定したカレンダーフィールドに値を加算・減算する。

boolean

after(Object obj)

2つのCalendarを比較し、指定した日付より後の日付かどうかを判定する。

boolean

before(Object obj)

2つのCalendarを比較し、指定した日付より前の日付かどうかを判定する。

void

clear()

Calendarオブジェクトをクリアする。

void

setLenient(boolean lenient)

日付の解釈を厳密に行うかどうかを設定する。

サンプルプログラム

実行結果

プログラムの説明

それではサンプルプログラムを簡単に説明してみよう。

  • [1]カレンダーオブジェクトを生成する。生成するにはgetInstance()を使用する。
  • [2]カレンダーの「年」を表示する。
  • [3]カレンダーの「月」を表示する。月はは定数で表される。
  • [4]カレンダーの「日」を表示する。
  • [5]紀元前、紀元後を表示する。紀元前の場合は0、紀元後の場合は1が表示される。
  • [6]日付がその年の最初から何日目かを表示する。
  • [7]日付がその月の最初から何日目かを表示する。
  • [8]曜日を表示する。曜日は定数で表される。
  • [9]その月の何度目の曜日かを表示する。
  • [10]日付がその年の最初の週から何週目かを表示する。
  • [11]日付がその月の最初の週から何週目かを表示する。
  • [12]年を表示する。YEARなどの定数を使わなくても、数値が分かれば同じ結果となる。
  • [13]set()メソッドでは特定のカレンダーフィールドだけ指定して値の設定ができる。
  • [14]年月日全てを指定して値の設定も可能だ。
  • [15]別のカレンダーオブジェクトを生成。
  • [16]calとcal2をequals()で比較している。異なる値なので「false」が返る。
  • [17]calとcal2をafter()で比較している。cal2の方が後の日付なので「false」が返る。
  • [18]calとcal2をbefore()で比較している。cal2の方が後の日付なので「true」が返る。
  • [19]add()メソッドを使って年を加算する。
  • [20]厳密な解釈をする設定をして、ありえない日を設定する。この場合は2016/1/32を設定しており、2月の最大日数である29日より3日余分だが、余分となった日付も正しく加算してくれている。
  • [21]厳密な解釈をしない設定の場合、ありえない日を設定した場合はエラーとなる。try~catchでエラートラップをしているが、この場合はエラーが発生したのでcatch句の文字を出力している。
  • [22]カレンダーをクリアする。クリアするとデフォルトの日付が設定される。

Calendarクラスの定数について

Calendarクラスでは定数を指定してのメソッド実行や、実行結果の戻り値が定数となるケースがある。定数とは意味がある文字列で数値などの値を示したものだ。0や1だと何を意味するのかがわかりにくいが、YEARやMONTHだと「年」「月」というように、プログラマーが内容を理解しやすいように定められている。

このプログラムの例では、get()メソッドで使用するCalendar定数、[3]のステップの月、[8]のステップの曜日などが定数となっているが、これらの定数は以下のとおりだ。

Calendar定数

定数

ERA

0

YEAR

1

MONTH

2

WEEK_OF_YEAR

3

WEEK_OF_MONTH

4

DATE

5

DAY_OF_MONTH

5

DAY_OF_YEAR

6

DAY_OF_WEEK

7

月の定数

定数

JANUARY

0

FEBRUARY

1

MARCH

2

APRIL

3

MAY

4

JUNE

5

JULY

6

AUGUST

7

SEPTEMBER

8

OCTOBER

9

NOVEMBER

10

DECEMBER

11

UNDECIMBER

12

曜日定数

定数

SUNDAY

1

MONDAY

2

TUESDAY

3

WEDNESDAY

4

THURSDAY

5

FRIDAY

6

SATURDAY

7

定数は直接値を指定することもできる。サンプルプログラムの[12]では値を直接指定しているが、読みづらいソースになるので定数を使う様にしたほうがいい。また、これらの定数のうち、月の定数については注意が必要だ。Calendarオブジェクトの月は1月が「0」となっているため、1月だから「1」を設定すると実際には2月を設定してしまうことになるので気を付けよう。

なお、月の定数には「UNDECIMBER」という定数があるが、これは太陰暦で使用する定数であるため、一般的にはあまり使用することはないだろう。

SimpleDateFormatクラス(java.text.SimpleDateFormat)

SimpleDateFormatクラスは日付書式を簡単に設定できるクラスだ。先ほどののCalendarクラスのサンプルプログラムを見てほしい。

プログラムの「getCalString()」というクラスで年月日をそれぞれ抽出して文字列変換しているが、そのような手間をかけなくてもSimpleDateFormatクラスを使うことで簡単に表示することができる。

主なコンストラクタ

コンストラクタ

内容

SimpleDateFormat()

デフォルトの書式で日付パターンが設定される。

SimpleDateFormat(String patern)

指定した書式で日付パターンが設定される。

主なメソッド

戻り値の型

メソッド

内容

void

applyPattern(String pattern)

指定された日付書式を適用する。

StringBuffer

format(Date dt)

指定された日付書式を適用して文字列(StringBuffer)で表示する。

日付書式について

SimpleDateFormatでは日付書式を指定して値を取得することができる。日付書式には次の種類があるので、目を通してもらいたい。

書式

内容

G

紀元

y

M

w

年における週

W

月における週

D

年における日

d

月における日

F

月における曜日

E

曜日

サンプルプログラム

実行結果

プログラムの説明

それではサンプルプログラムを簡単に説明してみよう。

  • [1]コンストラクタで書式を指定してSimpleDateFormatを生成する。
  • [2]年月日の書式を設定する。「MM」とすることで「6月」を「06」月と0埋めして表示できる。
  • [3]書式で曜日を設定する。
  • [4]紀元を表示する。
  • [5]今年に入って何週目かを表示する。
  • [6]今月に入って何週目かを表示する。
  • [7]今年に入って何日目かを表示する。
  • [8]今月に入って、該当する曜日が何回目かを表示している。

日付の基本をおさえておこう

javaの基本的な日付に関するクラスを紹介したが、いかがだったろうか?

このページを確認してもらえれば、日付に関して必要なところはほとんど押さえられるはずだ。Javaプログラミングにおいて、日付はどのようなシステムでも扱うことなので、基本的なことはしっかりとおさえておくようにしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*