【Java入門】1分理解!繰り返し文の基礎の基礎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
javaの繰り返し分

コンピュータは同じことを繰り返すのが得意だ。その特性は、プログラミングをしていく上でとても役にたつ。

このページではJavaの繰り返し文を使う上での概要をお伝えする。詳細はまた別のページでご紹介するが、まずはここから掴んでおこう。

Javaの繰り返し文の使い方

Javaの繰り返し文は、繰り返される処理をコンパクトにする。たとえば、ひとつの星「*」を5回表示させるコードを書こうとした場合を考えてみよう。もし繰り返し文なしで書いたとするとどうなるだろう。次のようなプログラムになるはずだ。

繰り返し文を知らないならば、5回星を表示するコードを書くことにそれほど抵抗を感じないかもしれない。しかし、もし100個の星を表示するコードとなるとどうだろう。一行一行書く以外に、何か他にいい方法がないか調べ始めるだろう。

そして、行き着くのが繰り返し文なのだ。たとえば、繰り返し文のひとつであるfor文を使って100個星を表示させるコードを書いたら次のようになる。

このように、100行のプログラムを書かなくても3行で済む。表示する数が10,000になったとしても、for文の中の100を10,000にして繰り返す条件を変更するだけだ。繰り返し文は、繰り返される処理を非常にコンパクトにする仕組なのだ。

繰り返し文を使わないサンプルプログラム

このサンプルプログラムは、繰り返し文を使わないで5個の星を表示する。

実行結果

サンプルプログラムの説明

一応、そのままだが、簡単にプログラムの解説をしてゆこう。

  • [1] *を表示する。
  • [2]*を表示する。
  • [3]*を表示する。
  • [4]*を表示する。
  • [5]*を表示する。

繰り返し文を使ったサンプルプログラム

このサンプルプログラムは、繰り返し文を使って100個の星を表示する。

実行結果

サンプルプログラムの説明

それでは簡単にプログラムの解説をしてゆこう。

  • [1] for文を使って表示を100回繰り返す。
  • [2] 「*」を表示する。

まとめ

このページではJavaの繰り返し文の基礎の基礎だけお伝えしてきた。for文の詳細な使い方や、他のループ処理については下記のページでまとめている。引き続き参考にしてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*