【Java入門】郵便番号の正規表現の書き方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
郵便番号の正規表現

住所入力フォームで入れておきたいのが、正規表現による郵便番号のエラーチェックだ。

Javaでの正規表現による郵便番号の扱い方についてこのページではまとめている。参考にして欲しい。

正規表現による郵便番号の扱い方

Javaの正規表現を使うと、郵便番号のチェックをしたりテキストの中から郵便番号を抽出したりすることができる。

最初に、対象となる郵便番号はどのような形式があるのかを確認しておこう。郵便番号の基本的な形式は、一般的に数字3桁に続く数字4桁をハイフン「-」で繋げたものだ。これに加えて、郵便番号が先頭に付いているものや、ハイフンがない数字だけのものもある。

  • 333-5555
  • 〒 333-5555
  • 3335555

正規表現

では、これらの郵便番号の正規表現はどうなるか見てみよう。郵便番号と対応する正規表現は以下のようになる。

郵便番号の種類

郵便番号

正規表現

基本

333-5555

^[0-9]{3}-[0-9]{4}$

郵便マーク付き

〒 333-5555

^〒\s[0-9]{3}-[0-9]{4}$

ハイフン無し

3335555

^[0-9]{7}$

各プログラミング言語における正規表現表記

この比較表は、Java以外のプログラミング言語で基本郵便番号の正規表現を扱うとどうなるかを示している。

ほとんど変わらない感覚だ。

郵便番号

言語

正規表現

333-5555

Java

[0-9]{3}-[0-9]{4}

Ruby

Javaと同じ

PHP

/[0-9]{3}-[0-9]{4}/

C/C++

Javaと同じ

郵便番号をチェックするサンプルプログラム

それでは実際にサンプルプログラムを確認してみよう。このサンプルプログラムでは、郵便番号が形式に合致しているかどうか正規表現を使ってチェックしている。郵便番号「333-5555」については、番号が正しい場合だけでなく、誤った場合に不正な番号として検出されることも確認している。

実行結果

サンプルプログラムの説明

このサンプルプログラムでは、正しい形式の郵便番号と誤った形式の郵便番号をチェックして、正規表現によって正しくチェックが行われるかをテストしている。

テストに使用した正しい形式の郵便番号は次の通りである。

郵便番号

郵便番号の種類

333-5555

基本

〒 333-5555

郵便マーク付き

3335555

ハイフン無し

テストに使用した誤った形式の郵便番号は次の通りである。

郵便番号

不正な箇所

33-5555

最初の3桁の桁数が不足

333-555

最後の4桁の桁数が不足

3333-5555

最初の3桁の桁数が超過

333-55555

最後の4桁の桁数が超過

3X3-5555

最初の3桁に数値以外の文字の混入

333-5X55

最後の4桁に数値以外の文字の混入

正しい形式ならば、郵便番号の種類に加えて形式にマッチした郵便番号を表示する。また、どの形式にもマッチしなかったならば、「不正な郵便番号」として元の文字列をそのまま表示している。

まとめ

このページでは主にJavaでの郵便番号の正規表現についてお伝えした。作りがシンプルなだけに書き方も簡単だ。

正規表現の練習にちょうどいいと思うので、一度書いて見てからチェックするのもいいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*