【超丁寧まとめ】Javaのアンインストール方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
javaのアンインストール方法

このページではJavaのアンインストール方法についてまとめてお伝えした。

とても丁寧にまとめたつもりなので、初心者の方でもわかりやすいだろう。手動でのアンインストール、アンインストールツールを使った方法などもまとめているので参考にしていただければと思う。

Javaをアンインストールする方法

それでは早速、Javaをアンインストールするための2つの方法と、アンインストールが失敗した場合にとるべき対処法を紹介しよう。

なお、ここではWindows10におけるアンインストール手順を紹介する。

他のWindowsも大体同じなので、参考にしていただければいいだろう。 

手動でJavaのアンインストール

まず最初にWindowsのアンインストール機能を使ってアンインストールする方法を紹介しよう。

(1)画面左下のスタートメニュー(Windowsマーク)から「設定」をクリックする。

step01

(2)「システム」を選択する。

step02

(3)左のメニューより「アプリと機能」を選択して、インストールアプリ一覧を表示する。

step03

(4)アンインストールするプログラムを選択して、「アンインストール」ボタンをクリックする。

step04

Java関連のプログラムが「Java 8 Update 101(64bit)」と「Java SE Development Kit 8 Update 101 (64-bit)」の2種類インストールされているので、それぞれアンインストールしよう。

ここでは、まず「Java SE Development Kit 8 Update 101 (64-bit)」から削除することにする。 

(5)アンインストール確認メッセージが表示されるので、「アンインストール」ボタンをクリックする。

step05

 

(6)Windowsインストーラによるアンインストールが開始される。

step06

ユーザーアカウント制御のメッセージが表示された場合は「はい」を選択する。

step07

(7)アンインストールが実行されるので、終了するまで待つ。終了しても終了メッセージなどは表示されない。アンインストールが終了したら、他のJava関連プログラムを削除しておこう。

 step08

Javaアンインストールツールによる削除

続いては、Oracle社から提供されているJavaアンインストールを使って削除する方法を紹介しよう。

(1)Oracle社の以下のページで「条項に同意して続行します」ボタンをクリックする。

Javaバージョンのアンインストール

URL:https://www.java.com/ja/download/uninstalltool.jsp

step09

アンインストールツール「JavaUninstallTool.exe」がダウンロードされるので、ダウンロードが終了したらツールを実行しよう。

(2)アンインストールツールが起動されたら「同意する」をクリックする。

step10

(3)インストールされているJavaのバージョンが表示されるので、アンインストールしたいJavaバージョンをチェックして「次」ボタンをクリックしよう。

step11 

(4)アンインストールが開始されるので、終了するまで待つ。

step12

(5)この画面が表示されればアンインストールは終了だ。

step13

Javaアンインストールツールによる削除で注意してほしいのは、このツールではJDKのアンインストールができないということだ。

JDKをアンインストールしたい場合は、手動で削除するようにしよう。 

アンインストールに失敗したらどうすればいい?

Javaのアンインストールが何らかの問題により失敗した場合、レジストリが不完全な状態で残ってしまうことにより、通常の方法でアンインストールができなくなるケースもある。

そんな場合はMicrosoft社が提供するトラブルシューティングユーティリティを試してみよう。

(1)Microsoft社の以下のページで「ダウンロード」ボタンをクリックする。

プログラムのインストールまたは削除をブロックしている問題を解決する

URL:https://support.microsoft.com/ja-jp/help/17588/fix-problems-that-block-programs-from-being-installed-or-removed

step14

トラブルシューティングユーティリティ「MicrosoftProgram_Install_and_Uninstall.meta.diagcab」がダウンロードされるので、ダウンロードが終了したらユーティリティを実行しよう。

(2)ユーティリティが起動されたら「次へ」ボタンをクリックする。

step15

(3)「プログラムのインストールまたはアンインストールの問題が発生していますか。」の画面が表示されたら「アンインストール」をクリックする。

step16

(4)プログラムの一覧が表示されるので、Javaに関するプログラムを選択して「次へ」をクリックしよう。

ここでは「Java 8 Update 101(64-bit)」を選択する。

step17

(5)アンインストールの確認が表示されるので「はい、アンインストールを試行する」をクリックしよう。

step18

(6)アンインストールが開始されるので、終了するまで待つ。

step19

(7)これでアンインストールは終了だ。他にもアンインストールに失敗したプログラムがあれば、同じように削除しておこう。

step20

まとめ

このページではJavaのアンインストールについてお伝えした。

他のソフトウェアのアンインストールの方法と変わる訳ではないが、わからなくなったときには参考にしていただければと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*