【基本の基本】Javaのデータ型とは?と簡単な使い方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Javaのデータ型

多くのプログラミング言語では、変数を宣言するときに「データ型」を定義する必要がある。Javaもそうだ。

ざっくり言うと、変数に入るデータがどういったものか?を先に決めておく必要があるという意味になる。

このページではJavaのデータ型についてお伝えしよう。

Javaのデータ型

下記ページでお伝えしたように、Javaで変数を使うときには宣言というものが必要だった。

その際に次のように宣言をした。

データ型名 識別子;

int age;

この時のintがデータ型だ。

データ型とは、データの種類のことである。例えば、データには数で表される年齢のような数字で表される情報もあれば、文字で表される名前やメッセージのようなものもある。年齢のように範囲が小さいものもあれば、国家予算のように大きな数字もある。

Javaプログラミングでこうしたデータを扱うために、その種類に応じてデータ型が決まっている。その種類は、大きく分けてふたつある。プリミティブ型と参照型だ。

さらに、その中にいくつかの枝分かれがある。型がいくつかあるということは、それを使って宣言した変数に保存されるデータの種類がそれだけあるということになる。

どんな型がどんなデータを表すのか見てみよう。

プリミティブ型(Primitive Type)

プリミティブ型というのは、Javaプログラミング言語によってあらかじめ定義された型だ。予約されたキーワードによってデータ型ごとに型の名前が付けられている。

では、あらかじめ型名を付けられたプリミティブ型を、その中の整数型、浮動小数点型、論理型の順に見てみよう。

整数型(Integral Type)

整数型は、整数の値を表現している。言うまでもないが小数点の値は含まれない。

例えば、1から10の範囲の整数といえば、「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10」の10個の値になる。1.5や2.3は含まれない。整数型の種類には、byte、char、short、int、longがある。それぞれの型とその型に含まれる値の範囲は、次のようになっている。

データ型

範囲

byte

-128から127までの整数の値。

char

'\u0000' から'\uffff'までの整数の値。(これは、0から65535である)

short

-32768から32767の整数の値

int

-2147483648 から2147483647まで整数の値。

long

-9223372036854775808から9223372036854775807までの整数の値。

浮動小数点型(Floating-Point Type)

浮動小数点型は、浮動小数点の値を表している。

例えば、1から10の範囲でいえば、「1.0, 2.0, 3.0, 4.0, 5.0, 6.0, 7.0, 8.0, 9.0, 10.0」の10個の値以外に1.5や2.3などの小数点以下の値を含む数値が含まれる。浮動小数点型の種類には、float、doubleがある。それぞれの型とその型に含まれる値の範囲は、次のようになっている。

データ型

説明

float

32ビット単精度小数点

double

64ビット倍精度小数点

論理型(boolean Type)

論理型は、真(true)と偽(false)の表記によって示されるふたつの値を持つ論理値を表現する。

データ型

説明

boolean

真(true)か偽(false)のどちらかの値。

参照型(Reference Type)

参照型には、クラス型、インターフェイス型、型変数、配列型がある。

クラス型とインターフェイス型のデータは、オブジェクトへのポインタであり、配列型のデータは、配列オブジェクトへのポインタである。ポインタというのは、データのある場所を示す情報である。

例えば家がデータならは、そのポインタは住所である。住所が分かれば、家を見つけることは簡単である。

基本型と何が違うかと言うと、基本型はデータそのものを表しているが、参照型はデータのある場所を参照するためのデータであるということだ。

まずは文字列の使い方を覚えるのがわかりやすいだろう。次のページを参考にしていただければと思う。

データ型の使い分け

データ型によって、扱えるデータの範囲が異なる。

扱えるデータの範囲が大きければそれだけメモリを使ことになる。例えば、shortはbyteの2倍のメモリを使う。さらに、intはその2倍、longはさらに2倍である。

メモリが大きさを気にする必要もないほどふんだんにあれば、データ型もそれほど気にする必要はない。しかし、膨大なデータを扱うとか、メモリが限られているとなるとデータの型を気にする必要がある。

メモリが限られていれば、より小さなメモリで済むデータ型を選ぶ必要があるということだ。特に勉強しはじめの頃は適切なデータ型を選ぶようにしたほうがいいだろう。

また、精度という点では小数点を使う必要があれば、整数型ではなく精度に応じてfloatかdubleの浮動小数点型を選ぶ必要がある。

まとめ

このページではJavaのデータ型についてお伝えをした。簡単なものから使いつつ覚えてしまい、すべて使えるようになっておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*