JavaScriptで配列の要素数を取得する方法【Array.length】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
javascriptで配列の数を取得する

プログラミングでは、ループ処理など配列の要素数を数えることがよくある。

このページではJavaScriptにおける配列オブジェクトの要素数を数えるプロパティ「Array.length」についてお伝えしよう。

Array.lengthの基本的な使い方

使い方はいたってシンプルだ。プロパティなので、配列オブジェクトに対して呼び出すだけでよい。

配列オブジェクト.length

例えば、配列animalsの要素数を知りたければ次のようにすればいい。

animals.length

実際のコードを見てみよう。

array-length-001

lengthプロパティの操作

lengthプロパティを直接操作することもできる。

lengthプロパティを減らす

プロパティの数値を減らすと、配列要素が削除される。このとき削除された値は参照することができなくなる。

配列オブジェクト.length = 配列数

array-length-002

lengthプロパティを増やす

反対にプロパティの数値を増やすと、配列要素が追加される。このとき追加された値は「undefined」になる。

array-length-003

lengthを指定するときの注意

「Array.length」プロパティは、プラスの値しかとることができない。マイナスの値を指定してしまうと、シンタックスエラーとなるので気をつけよう。

array-length-004

まとめ

JavaScriptにおいて配列の要素数を数えたい場合は「Array.length」を利用する。基本的なプロパティで頻繁に使うことになるので覚えておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*