【1分でわかる】Linuxのコンソールとは?

Linuxのコンソールとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Linuxなどでよく聞く言葉に「コンソール」がある。それではコンソールとはなんだろうか?

このページでは1分でお判りいただけるように簡単に説明する。

Linuxでよく聞くコンソールとは?

そもそもコンソールとは?

コンソールとはコンピュータの入出力装置だ。例えば、キーボードやディスプレイなどのセットがコンソールと呼ばれる。

要は、その装置をつかってコンピュータを操作するものである。日本語だと「制御卓」という。

基本的に大きなコンピュータを操作するための端末装置のイメージで、メインフレームやサーバルームなどのラックに収納されていることがなんとなく想起される。

Linuxのコンソールとは?

とはいえ、あまり上記の意味でコンソールという言葉は使われなくなっている。

Linuxに限らずだが、現時点で「コンソール」というと一般的に黒い画面でコマンド入力を受け付ける画面を指すことが多い。

コンソール

CUIモードでたちあがっている状態のLinuxにログインするとコンソールの画面にたどりつく。

ターミナルの場合はリモートログインなどをするときもあるが、コンソールは本体とセットとなっている。

使うとき、ターミナルとコンソールを区別しない人もおそらくいるだろう。現代において使い方は曖昧で、どちらでも意味は通じる。

ゲームコンソール

ちなみにゲーム機をビデオゲームコンソールなどと呼ぶことがある。

これも同じくゲームのコンピュータを操るものなので、ゲームコンソールだ。なんとなくイメージがつくだろうか?

まとめ

このページではコンソールとは?について簡単にお伝えした。イメージが湧いたようであれば幸いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*