カレントディレクトリを表示するpwdコマンドの使い方【Linuxコマンド集】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
pwdコマンド

pwdは現在、操作しているディレクトリを表示するLinuxコマンドだ。

現在いるディレクトリのことをカレントディレクトリというが、これを確認するときにpwdコマンドを使う。

このページではpwdコマンドの動作確認を通して、現在、操作しているディレクトリを確認する方法を解説する。

pwdコマンドの基本

コマンドの基本動作

使い方は、次のとおりシンプルだ。

$ pwd

現在、操作しているディレクトリを確認するにはこれだけだ。

pwdコマンド

現在、操作しているディレクトリを表示できた。

試しに、現在操作するディレクトリをcdコマンドで移動し、pwdコマンドで確認してみよう。

まず、cdコマンドでworkディレクトリに移動する。

$ cd work

cd work

workディレクトリに移動した。

pwdコマンドで操作しているディレクトリがworkと表示されるか確認する。

pwdコマンドで現在のディレクトリを確認してみよう。

$ pwd

pwdコマンド

現在操作しているディレクトリがworkであることが確認された。

上記pwdコマンドを試すなら下のコマンドをLinux上で実行すればすぐに再現可能だ。

pwd関連コマンド

最後にpwdコマンドに関連して、基本的なディレクトリ操作のコマンドも紹介しておく

cdコマンド

ディレクトリを移動するコマンドだ。

lsコマンド

ディレクトリの内容を確認する。オプションも多数あって、使いこなすとより便利なコマンドだ。

まとめ

今回は、pwdコマンドを使った現在操作しているディレクトリを表示する方法を解説した。

Linuxをコマンドラインで操作している場合、プロンプトにディレクトリが表示される場合もあるが、そうではない場合も多い。

常に今、どのディレクトリで操作しているか意識しながら使っていかなければならないが、覚えておきながら技術的な操作をするのは混乱するかもしれない。

ただ、pwdと打つだけで確認できるので、時々確認するとよいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*