sumコマンドについて詳しくまとめました 【Linuxコマンド集】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

sumはファイルのチェックサムを計算するコマンドだ。

チェックサムとは、データ全体を特殊な計算アルゴリズムで算出し、導きだす数字のことで、ファイルの内容が同じであれば同一のチェックサムになる。

昔の通信方法では、ファイルを相手に送った際に、コピーミスや転送漏れによりファイルが正しく届かなったこともあった。その時に、チェックサムも同時に送ることで、送信側、受信側でチェックサムが同一であれば、ファイルは正しく送信されたと判断できた。

今日においては転送漏れなどが発生することは少なくなったが、転送経路の中で、ファイルを改ざんされるという事件がまれに起きる。

このような改ざんを防止することや、そもそもファイルの送り間違いなどの人的ミスもチェックサムの活用によって防ぐことができる。

sumコマンドの基本

コマンドの基本動作

使い方は、次のとおりだ。

$ sum ファイル名

テキストファイルw.datのチェックサムを計算する場合は、次のコマンドだ。

$ sum w.dat

sumコマンド

テキストファイルw.datのチェックサムが47651と計算され、ブロック数も3と表示された。

shutdownコマンドのオプションたち

オプションの一覧

後から詳細をご紹介するが、まずは一覧で見てみよう。

オプション -r

BSDアルゴリズムを使ってチェックサムを計算する。

オプション -s(オプション--sysv)

System Vアルゴリズムを使ってチェックサムを計算する。

では詳細を見ていこう。

-rオプション:BSDアルゴリズムを使ってチェックサムを計算する

BSDアルゴリズムを使ってチェックサムを計算する書式は次のとおりだ。

$ sum -rファイル名

テキストファイルw.datのチェックサムをBSDアルゴリズムで計算する場合は、次のコマンドだ。

$ sum -r w.dat

sumコマンド

テキストファイルw.datのチェックサムがBSDアルゴリズムを使って計算された。

オプション -s(オプション--sysv):System Vアルゴリズムを使ってチェックサムを計算する

System Vアルゴリズムを使ってチェックサムを計算する書式は次のとおりだ。

$ sum -sファイル名

テキストファイルw.datのチェックサムをSystem Vアルゴリズムで計算する場合は、次のコマンドだ。

$ sum -s w.dat

sumコマンド

テキストファイルw.datのチェックサムがSystem Vアルゴリズムを使って計算された。

-sオプションの場合は、使用するブロック数がオプションなしの時の半分である512blocksであるため、ブロック数の数字が倍になる。

さらに-sオプションでは結果にファイル名も表示する。

sum関連コマンド

最後にsumコマンドに関連して、基本的なチェックサム関連のコマンドも紹介しておく

md5sumコマンド

md5ハッシュ値をチェックしたり計算したりする。

sha1sumコマンド

sha1ハッシュ値をチェックしたり計算したりする。

まとめ

このページでは、sumコマンドを使ったファイルのチェックサムの計算方法を解説した。

ファイルの送受信後に、相手とのファイルの内容の確認に活用しよう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*