今更聞けない!LinuxのOSやバージョンの確認方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
linux バージョン ディストリビューション 確認

新しい環境が与えられたときなど、LinuxのOSやバージョンを確認することは結構あるはずだ。

しかし、頻繁に打たないコマンドなので、とっさに出て来ないという方が多いのではないだろうか?

このページではLinuxのOSやバージョンを確認する方法を解説する。

LinuxのOSとバージョンの確認方法

ディスプレイマネージャが起動している場合

「Control + Alt +F2」 などでコンソールログイン画面に移動、一番上の部分にディストリビューション名とバージョンが確認できる。

cuiによるversion確認

unameでマシンのバージョン情報がある程度、把握できるが、上記のとおり、ディストリビューションの名前に関して明記されないことがほとんどだ。

/etc/issue

ログインするまえに、コンソール上にディストリビューション名が表示されていることがある。この表示内容は「/etc/issue」で確認できる。

$ cat /etc/issue

/etc/issue

残念ながら上の通りCentOS7では/etc/issueで情報が得られなかったが他のディストリビューションの場合以下のような結果が得られた。

CentOS6

centos6

Vine

issue vine

使っているディストリビューションがVinelinuxの開発版VineSeedであることが分かる。

なおissueファイルは\(Linux環境ではバックスラッシュとなる)の後に特定の文字を入れることで一定の情報に置き換えられる。一部を挙げてみる

issueファイルに記述できるオプション

\S           OSの名前

\m          マシン(ハードウェア)タイプ

\r            OSのリリース

/etc<distroname>-release

$ cat /etc/<distroname>-release

version release

大体のディストリビューションの場合/etc/のしたにリリースバージョンのかかれたファイルを用意していることがおおい、これがある場合十中八九このファイルにディストリビューション名とバージョン情報が記述されている。

RedHat系

$ cat /etc/redhat-release

Fedora系

$ cat /etc/fedora-release

Debian系

$ cat /etc/debian_version 

Ubuntu系

$cat /etc/lsb-release

Turbolinux系

$ cat /etc/turbolinux-release

SuSE Linux系

$ cat /etc/SuSE-release

cat /proc/version

$ cat /proc/version

でも一定の情報がえられる。

version proc

Linuxカーネルなどのバージョン確認

Linuxシステムのバージョン情報を表示するにはunameコマンドを使う。

unameコマンド

マシンのアーキテクチャやカーネルバージョン番号を表示することができる。

しかし使っているディストリビューションが明記されるわけではないのでそこは注意だ。

実際に使うときは、ほとんど「-a」オプションを使う。

$ uname -a

uname -a

-a オプションを使うとunameで表示できるものが全て表示される。さほど表示量も長くないのでとりあえず、uname -aと入力してしまおう。

uname オプション

-a で構わないのだが、一応ご紹介だけしておこう。

  • -a システム情報を全て表示
  • -s カーネル名を表示
  • -n ネットワークノードとしてのホスト名を表示
  • -r カーネルリリース番号を表示
  • -v カーネルのバージョンを表示
  • -m マシンのハードウェア名を表示
  • -p プロセッサの種類を表示
  • -i ハードウェアプラットフォームを表示
  • -o オペレーティングシステムの名前を表示
  • --version バージョン情報を表示

まとめ

このページでは様々な角度から、LinuxOSのバージョンやディストリビューションを確認する方法をお伝えした。

必要なときのために、基本的なところは押さえてしまおう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*