【Linux】ローカルリポジトリを作成してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ローカルリポジトリの作成方法

RPMを作成するようになると、当然そのパッケージも統合管理したくなるだろう。

このページではローカルリポジトリを作成する方法について簡単にお伝えする。

こちらも初めてLinuxを触る方は全く知る必要がない。参考程度だと思って見ていただければと思う。パッケージ管理全体に関しては下記でまとまっている。

ローカルリポジトリを作成してみる

ローカルリポジトリを作成してみよう。

まずローカルリポジトリを設置するためのディレクトリを作る。

# mkdir /usr/my_repo

そのディレクトリへ移動

# cd /usr/my_repo

ローカルリポジトリへ置きたいパッケージを持ってくる。今回はホームディレクトリの下rpmbuildでrpmファイルを作成したと仮定する。

# cp /home/<hoge>/rpmbuild/RPMS/x86_64/* .

「createrepo」このコマンドで実際にリポジトリをセットアップする。リポジトリとしてのデータベースが作成される。

# createrepo .

リポジトリの設定ファイルを記述する。

# vi /etc/yum.repos.d/my_repo.repo

今回ローカルリポジトリなので「gpgcheck=0」とする。ローカルリポジトリはGPGのチェックをしない。「enabled=1」とするとリポジトリが有効になる。値を「0」とすると無効にできる。

リポジトリのなかにRPMファイルを追加した場合などは以下のコマンドで更新する。

# createrepo --update /usr/my_repo

リポジトリが有効になっているか確認する。

# yum repolist all

list-repo-all

確認ができた。

まとめ

このページではローカルリポジトリの作成方法についてとても簡単にまとめた。

上でもお伝えした通り、初心者の方は全く理解せずとも問題ない。Tips程度だと捉えるのがいいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*