【初心者でもわかる】yumコマンドの使い方とリポジトリの追加方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
linux yum

yumはパッケージの統合管理システムだ。

RPMパッケージを管理するもので、rpmコマンドを使うよりも便利で使いやすい。

このページではyumとは?とyumコマンドの使い方、リポジトリの追加方法についてお伝えした。

パッケージが何かよくわからない方は下記ページを先に見ていただくのがいいだろう。

yumとは?

yumは「Yellowdog Updater Modified」の略だ。

元々はYellow Dog Linuxのパッケージ管理システムであるYUP「Yellowdog Updater」というものが前身にあった。その統合パッケージ管理システムをRedHatへ改変移植したものが現在のYUMとなる。

役割としてはRPMパッケージを統合管理するというものだ。RPM単体ではパッケージ情報、依存関係などの情報を持ち合わせているものの、それを統合的に管理運用するシステムがない。ユーザの手間を減らすためにできたのがYUMだ。

YUMはRPMの情報を管理し統合、依存関係を自動的に解決してくれる。DebianでいうところのAPTと同じ立ち位置になる。YUMを使用することでディストリビューションのパッケージアップデートやパッケージの検索、パッケージ削除、パッケージの情報表示などができるようになる。

yumコマンドの使い方

YUMは以下のyumコマンドを操作して使う。後ほど一覧でご紹介するが、下記さえ使えればほとんどの場合、OKだ。

# yum check-update

リポジトリにアップデートがないかチェックをかける。

# yum update

リポジトリにアップデート、チェックおよび実際にアップデートする。

# yum install <pkg>

リポジトリからパッケージをインストールする。なお依存関係にあるパッケージも自動的に解決してくれる。

# yum search <pkg>

yum search pkg

リポジトリからパッケージを検索する。

# yum remove <pkg>

インストールされているパッケージを削除する。

# yum info <pkg>

yum info pkg

インストールされているパッケージの情報を表示する。

# yum list installed

インストールされているパッケージ一覧を表示

yum installed pkg list

YUMの設定ファイルを確認してみる

デフォルトの設定で殆ど問題にならないと思うが、少々のぞいてみよう。

# vi /etc/yum.conf

view yumconf

  • cachedirキャッシュとデータベースファイルを格納する場所。
  • keepcacheインストール後ヘッダとキャッシュを保持するか?
  • debuglevelは0から10まで指定でき高い値ほど詳細な情報を表示する。
  • logfileログファイルの保存場所。
  • exactarchパッケージの更新時には正しいアーキテクチャーを考慮するかどうか。
  • obsoletesパッケージがスペックファイル内において別のパッケージを廃止するように宣言している場合の挙動に関して。
  • gpgcheckの検証を行うかどうか?基本的に有効にしておく。
  • plugins追加したプラグインを有効にするかどうか全体の設定基本的に有効のままでよい。
  • installonly_limit単一のパッケージにおいて同時にインストール可能なバージョンの最大数、例えばカーネルなど。
  • bugtracker_urlバグトラッカへのrul
  • urldistroverpkgディストリビューション判別のための識別ラベル。

他のリポジトリに関しては「/etc/yum.repos.d」にファイルを別途用意記述するようになっている。

リポジトリを追加する

リポジトリとはパッケージの提供元のことだ。作成元ということではなく、配布してくれている場所だと思ってほしい。

リポジトリは世界中にたくさんあり、それぞれ配っているパッケージが違う。そのためYUMはリポジトリを追加することによって、パッケージのバリエーションを増やすことができる。

最終的には手動でrepoファイルを用意すれば、事実上どこのリポジトリも追加できるが、安易にリポジトリを追加するのはセキュリティ上良くない。そのため、どのようなものなのかの概要は把握しておくこと。

今回はEPELというリポジトリを追加してみる

https://fedoraproject.org/wiki/EPEL/ja

epel

EPELはRHEL 向けの高品質アドオンパッケージ郡である。Fedora プロジェクトで有志によって作成されている。信頼度が高いため、安心して使えるリポジトリだ。

# yum install epel-release

yum-install-epel1

追加したら最新の状態に保とう。

# yum update

yum update

この時点でGPGのキー取り込みに関して聞かれるが「y」で問題ない。

リポジトリ有効化リポジトリ無効化はrepoファイルの記述などから指定可能だ。追加したリポジトリが有効かどうかは

# yum repolist all

yum repolist

で確認できる。画像はgrepで絞り込んであるがメインの「epel/x86_64」が有効になっていれば問題ない。 

epel以外にも有用なリポジトリは多々ある。必要なときに随時「リポジトリ名 インストール方法」で検索するといいだろう。基本的には

  • yum --enablerepo=レポジトリ名 ですでに使えるか確認し
  • なければwgetで取得、rpmでインストール
  • 必要であればviコマンドで加工

という手順になる。

yumコマンドのサブコマンド

最後にyumコマンドのサブコマンドを表でまとめて、ご紹介しておこう。

サブコマンド 説明
check-update アップデート対象のパッケージリストを表示する
update パッケージ名 指定したパッケージをアップデートする
install パッケージ名 指定したパッケージをインストールする
remove パッケージ名 指定したパッケージをアンインストールする
info パッケージ名 指定したパッケージの情報を表示する
list 全パッケージ情報をリスト表示する
repolist リポジトリ一覧を表示する
search キーワード パッケージ情報をキーワードで検索する
search all キーワード パッケージをキーワードで検索する(パッケージ名及び説明文等すべて)
grouplist パッケージグループをリスト表示する
groupinstall グループ 指定したグループのパッケージをインストールする

まとめ

このページではyumと、yumの使い方、リポジトリの追加方法についてまとめた。

新しいことを実施しようとしたら、まずyumでインストールするところから始める。サーバーを構築するなど、スキルアップには必須だ。ぜひ使い方を掴んでいただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*