【ゼロからわかる】VMwareのインストール方法と使い方

VMwareのインストール方法と使い方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

VMwareはVirtualBoxと並ぶ有名な仮想マシンだ。

このページではVMwareのインストール方法と使い方についてお伝えした。参考にしていただければ幸いだ。

VMwareをダウンロードする

まずは公式ページからソフトウェアをダウンロードしよう。

下記のURLがVMwareのホームページとなる。

vmwareのダウンロード

http://www.vmware.com/jp.html

公式ページの左の欄からダウンロードを選択する。

vmware2

「無償製品のダウンロード」から「Workstation Player」を選択。

vmware3

上のような画面にたどり着くはずなので「VMware Workstation 12.5 Player for Windows 64-bit」の「Download now」をクリックする。

vmware4

今回はとりあえずデスクトップにダウンロードした。すると上のようなアイコンが表示されるはずだ。ダブルクリックしてセットアップを開始しよう。なおセキュリティの警告が出るかもしれないが「実行」をクリックしてしまって大丈夫だ。

VMwareをセットアップする

vmware5

基本的にウィザードどおり進めてゆけば問題ない。「次へ」をクリックしよう。

vmware6

「ライセンス」に関しての確認となる。下まで目を通したら「使用許諾契約書に同意します」にチェックをいれて「次へ」をクリックしよう。

「拡張キーボードドライバ」の項目はチェックを入れておいた方が無難だろう。

vmware8

この項目は任意だが「起動時に製品の更新を確認する」という項目は、チェックを入れておいた方がいい。vmware9

ショートカットを作成するかどうかを聞いてくるので、お好みで選択しよう。

ショートカット

インストールに必要な情報が揃ったところでインストールを開始しよう。「インストール」をクリックする。あとは待つだけでインストールが完了する。仮想ネットワークドライバが導入されるので、セキュリティソフトがいくらか警告を出すかもしれないが、許可してしまって問題ない。

vmware11

完了ボタンをクリックする。

再起動を求められるので「はい」を押して再起動しよう。

起動する

vmwareの起動

セットアップが終了すると、デスクトップやスタートメニュに任意でショートカットが作成されているはずだ。今回の例ではデスクトップにショートカットを作成した、上のようなアイコンがあるはずなので、ダブルクリックしよう。

vmware14

有料版のProの広告が表示されるが「このバージョンをスキップ」をクリックして無視してかまわない。

vmware15

無事に起動すると上のような画面になるはずだ。

インストールするISOの準備

CentOS7のISOを準備しよう。

https://www.centos.org/

まずは上のURLで公式ページへアクセスしよう。

centos1

「Get CentOS Now」をクリックしよう。

centos2

「DVD ISO」をクリックしよう。

centos3

国内のサーバからISOをダウンロードしよう。

インストーラーが起動するまで

VMwareのアプリケーションセットアップが完了し、ISOが準備出来たら、いよいよ仮想マシンをセットアップすることになる。

vmware15

「新規仮想マシンの作成」をクリックしよう。

centos-normal1

CentOS7ので「簡易インストール」を使わないインストールをする場合、「後でOSをインストール」を選択する。

centos-normal2

デフォルトのままで「次へ」

centos-normal3

ディスクなのどのデータをどこへ設置するかを決める。「参照」でディレクトリを指定しよう。

centos-normal4

「最大ディスクサイズ」と「ファイルを分割するかどうか?」を聞かれるが任意のサイズを指定したら、デフォルトのまま「次へ」で問題ない。

centos-normal5

最終確認「完了」をクリックしよう。

ISOのブート

centos-normal6

仮想マシンの土台が出来たので、CentOSをセットアップするためにISOをブートしよう。

「CentOS 64ビット」を右クリック「設定」から設定画面を開く。

centos-normal7

「CD/DVD(IDE)」へ移動「ISOイメージファイルを使用する」を選択し、「参照」でCentOSのISOを指定する。「OK」をクリック。

centos-normal8

「仮想マシン再生」をクリックして起動すると

centos-normal9

インストーラーディスクが起動するはずだ。後の詳しいインストール方法は下記を参照してほしい。

簡易インストールでインストールする

centos4

「インストーラ ディスクイメージファイル」を選択して「参照」でダウンロードしたISOファイルを指定しよう。すると簡易インストールが実行可能とのメッセージが表示される。

どうなるか実験してみよう。あくまでも実験なので、参考程度に。

簡易インストールは確かに、ほぼ全自動でインストールが終了する分、手っ取り早い。しかし、細々とした部分が設定できないので、状況に合わせて「あとでOSをインストール」などを選んで、設定を変更していく必要がある。

centos5

「ユーザ名を入力」および「rootパスワード」を設定して次へをクリックする。

centos6

 

仮想ディスクをどこに設置するかを選択する。参照で場所を設定できる。

centos7

ディスクサイズとファイルの扱いを聞いてくるが、「ディスクの最大サイズ」は任意で調節、分割するか単一ファイルに設定するかどうかは、デフォルトのままで大丈夫だ。

centos8

最終確認となる。「完了」を押すとインストールが全自動で始まる。

centos9

なお上のような画面に遭遇したら「ダウンロードしてインストール」をクリックしよう。

centos10

ここまで来たら完了を待つだけだ。インストールが完了すると再起動がかかりCentOS7の初期手続きが始まる。

centos11

LICENSINGの項目をクリックする。

centos12

チェックボックスにチェックを入れて「Done」を押す。

centos13

「FINISH CONFIGURETION」を押す。

centos14

ログイン画面へたどりつくので。簡易インストール時に設定したパスワードを入力してログインしよう。

centos15

ログインすればデスクトップ環境が立ち上がるはずだ。

まとめ

このページではVMwareのインストール方法と使い方についてお伝えした。

VirtualBoxと並んで仮想マシン環境構築の筆頭だ。ぜひ一度は使ってみることをオススメする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*