【簡単解説】Gitのcloneコマンドの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Gitのcloneコマンドはリポジトリを複製するためのコマンドだ。

このページではcloneコマンドの使い方について初心者の方向けに解説した。参考にしていただければ幸いだ。

Gitのcloneコマンド

cloneコマンドは、その名の通りクローンを作るためのコマンドだ。指定されたディレクトリに元のリポジトリと同じものを複製するコマンドになる。

git-clone

例えば、開発現場に新しく入った人がGithubからソースをコピーして来たい時など、cloneコマンドを使うことになる。

このために使うコマンドの基本は簡単だ。

git clone [リポジトリ] [ディレクトリ]

では、実際の使い方を見てみよう。

リモート・リポジトリをクローンする場合

リモート・リポジトリとディレクトリを指定してコマンドを実行する時は下記のようになる。

例えば、リポジトリに//KU-HP/sampe.git、ディレクトリにcopyを指定して、

$ git clone //KU-HP/sample,git copy c

とコマンドを叩けばOKだ。 cloneコマンド

指定したディレクトリに移動して、git show-branchコマンドを実行するとリポジトリが作成されていることが確認できる。

ローカルのリポジトリをクローンする場合

ローカルのリポジトリを同じローカルのディレクトリにクローンするときは下記のようになる。

例えば、リポジトリに現在のディレクトリを指定し、ディレクトリに../copyを指定して、

$ git clone -l -s -n . ../copy c

とコマンドを叩けばOKだ。

git

 

 

指定したディレクトリに移動して、git show-branchコマンドを実行するとリポジトリが作成されていることが確認できる。

ディレクトリを指定しない場合

リポジトリだけ指定して、ディレクトリを指定しないこともできる。そうすると直下にリポジトリがクローンされる。

$ git clone [リポジトリ]

 

local-cloneリモート・リポジトリと同じ名前のディレクトリに移動して、git show-branchコマンドを実行するとリポジトリが作成されていることが確認できる。

cloneコマンドのオプション

cloneコマンドでは次のオプションが使える。

オプション

説明

-l

リポジトリがローカルマシーンからクローンされる場合、このフラグは通常の「Git aware」転送メカニズムをバイパスして、HEADとrefsディレクトリの下にある全てのオブジェクトをコピーすることによってクローンする。

-s

リポジトリがローカルのマシーンにある場合、hard linksを用いる代わりに自動的に元のリポジトリとオブジェクトを共有するために.git/objects/info/alternatesを準備する。結果として、リポジトリは独自のオブジェクトなしで行ける。

-n

クローンが完了した後、HEADのチェックをしない。

まとめ

このページではGitのcloneコマンドの使い方についてまとめてご紹介した。

クラウド系のGitサービスは親切なため、cloneコマンドも含めて、「これを叩いてくださいね」と言ってくれる場合が多い。ただ、やはりエンジニアとしては、コマンドの意味・使い方を理解しておきたいところだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ゼロからエンジニアを目指す方へ
短期間でエンジニアになる方法

必要な勉強や技術の最新動向、本当に使えるIT資格、学習に役立つ国からの奨励金などの情報を無料でお届け

資料を見てみる