【簡単解説】Gitリポジトリの新規作成するinitコマンドの使い方

gitのinitコマンドの使い方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Gitでリポジトリを新しく作成するために使うのがinitコマンドだ。

このページではGitのinitコマンドの使い方について解説した。一番はじめしか使わないものではあるが、ちゃんと知っておかないとGitを頻繁に使う気になかなかならないだろう。

参考にしていただければ幸いだ。

Gitのinitコマンド

このコマンドはGitのリポジトリを新たに作成するためのものだ。また、既にあるリポジトリを再初期化するためのものでもある。

このコマンドが実行されると、「.git」と名付けられたサブディレクトリが作成される。そして、その中にobjects、refs/heads、refs/tagsとテンプレート・ファイルが置かれる。

このコマンドは同じリポジトリに対して再度実行されても安全である。上書きされることはないのだ。

コマンドの基本的な書き方は簡単だ。

git init [ディレクトリ] [オプション]

では、実際の使い方をみてみよう。

ディレクトリを指定しない場合

ディレクトを指定しないで、ディレクトリ:/c/gitworkに移動してコマンドを実行するときは下記のようになる。

リポジトリを作成したいディレクトリ(フォルダ)でそのまま、$ git init コマンドを叩けばOKだ。

git-init01

ディレクトリを指定しなければ、コマンドを実行したワーキング・ディレクトリの直下にリポジトリのための「.git」というサブディレクトリが作成される。

ディレクトリを指定する場合

ディレクトリを指定することもできる。次の通りだ。

$ git init ディレクトリ

上はディレクトリ「/c/gitwork」を指定してコマンドを実行する例になる。ディレクトリを指定する場合は、指定したディレクトリに「.git」というサブディレクトリが作成される。

場所も指定できますよ、というだけの話だ。

リモートリポジトリ(共有のリポジトリ)を作成する

ローカルのリポジトリの作成方法はお分かりいただけたと思う。ディレクトリでgit initすれば完了だ。

続いてリモートリポジトリ(開発メンバー全員で使う共有のリポジトリ)を作成する方法もお伝えしておこう。

次のようになる。

$ git init --bare --shared

git-init03

Gitサーバのディレクトリ:/c/gitrepoitory/sample.gitに共有リポジトリを作成する例だ。

複数のユーザで共有できるリモート・リポジトリを作成するために、コマンドgit initに--bare --shareオプションを指定している。

initコマンドのオプション

initコマンドでは次のオプションが使える。

オプション

説明

--bare

最小限のリポジトリを作成する。もしGIT_DIR環境が設定されていなければ、現在のワーキング・ディレクトリが設定される。

--shared

Gitリポジトリが複数のユーザで共有されることを指定する。このオプションは、同じグループに属するユーザがそのリポジトリにpushすることを許可する。

特に初心者の方であればそれほど使う機会はないだろうが、共有リポジトリで使えるんだなというのを覚えておこう。

まとめ

このページではGitのinitコマンドの使い方について説明をしてきた。リポジトリを新規作成するときに使うコマンドなので、ぜひ使い方を理解しておきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*