【Git入門】git initによるリモートリポジトリの作成方法

git initによるリモートリポジトリの作成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページではgit initによるリモートリポジトリの作成方法についてまとめてご紹介しよう。

基本中の基本だけまとめたので、初心者の方は参考にしていただければと思う。

そもそもリモート・リポジトリを作成するとは?

リモート・リポジトリを作成するとは、Gitサーバ上に空のリポジトリを作成し、複数のユーザによって共有できるように設定することだ。作成したリポジトリをリモート・リポジトリとして使うためにリポジトリに名前が付けられる。

Gitを使った作業の流れは次の通りだ。

  • リモート・リポジトリをgit initで作成する。
  • リモート・リポジトリの名前:originをgit remote addコマンドで設定する。

リモートリポジトリ

共有可能なリポジトリを作成するコマンドだ。

git init --bare --share

リポジトリを作成するコマンドgit initに--bare --shareオプションを指定して空のリポジトリを作成する。オプションの--bareは中身のないリポジトリであること指定している。--sharedはリポジトリを複数のユーザによって共有可能なものにする。

リモートリポジトリに名前をつけるコマンドの基本だ。

git remote add [name] [url]

では、コマンドの実行の仕方を確認していこう。

使い方と流れ

サーバ上にリモート・リポジトリを新たに作成するためのディレクトリ:/c/gitrepoitory/sample.gitを作成する。

コマンド

Windowsの場合git initの--sharedオプションに加えて、ディレクトリ(Windowsではフォルダ)にリポジトリを共有するための設定が必要になる。

共有設定を行うとネットワーク・パスが決まる。このパスを他のコマンドとともに使用するので覚えておいて欲しい。コピーしておくといいだろう。

pass

次に、共有設定したディレクトリに移動し、オプションを指定して「git init」コマンド実行する。

git

共有するリポジトリが作成されたら、ローカルのリポジトリに移動する。作成したリポジトリをoriginという名前のリモート・リポジトリとして追加する。コンソールにgit remote add [name] [url]を入力する。

command

実行結果

正しくリモート・リポジトリとして追加されたかを確認するためにgit remote にオプションに–v指定して実行する。このコマンドによりoriginに対する書き込み(push)と読み取り(fetch)コマンドが表示されれば、リモート・リポジトリが正しく作成されている。

git_remote

まとめ

このページではgit initによるリモートリポジトリの作成方法についてまとめてご紹介した。参考にしていただければ幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リナックスアカデミーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リナックスアカデミーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する