Gitのrmコマンドの使い方【画面キャプチャでわかりやすく】

git rmコマンドの使い方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Gitのrmコマンドはインデックスやワーキングツリーからファイルを削除するためのコマンドだ。

ファイル削除にはGUIツールを使うことが多いかもしれないが、手早くやりたければやはりコマンドだ。覚えておいて損はないだろう。

Gitのrmコマンド

このコマンドは、ワーキング・ツリーとインデックスからファイルを削除するためのものだ。

このコマンドを実行すると、インデックスのみ、またはワーキング・ツリーとインデックスの両方からファイルが削除される。現在作業中のディレクトリからファイルを削除することはできないし、ワーキング・ツリーのファイルだけを削除してインデックスには残すということもできない。

git rm

コマンドの基本は簡単だ。

git rm [オプション]

では、実際の使い方をみてみよう。

インデックスのみ削除する場合

プログラム・ファイル:Program01.javaを指定してコマンドを実行する時は下記のようになる。

オプション:--cacheを指定して、

$ git rm --cache Program01.java

コマンドを叩けばOKだ。

例えば、Program01.javaとProgram02.javaがインデックスに登録されているとする。

git-init

git rmを実行するとどうなるか?

インデックスからの削除

コマンドのオプションで指定したProgram01.javaファイルがインデックスから削除されている。しかし、ファイルは残っている。

インデックスとファイルの両方を削除する場合

インデックスとファイルをまとめて削除することもできる。

修正されていないファイルProgram01.javaがインデックスに登録されていれば、

$ git rm Program01.java

コマンドを叩けばOKだ。

もしファイルが修正されていたら、-fオプションを付けない。更新チェックが行われるため修正されたファイルを削除できない。

-fオプションを付けて、

$ git rm -f Program01.java

コマンドを叩けばOKだ。

例えば、一度コミットされたProgram01.javaとProgram02.javaが修正され、もう一度コミットのためにインデックスに追加された場合を考えよう。

status

このコマンドを実行すると、

rm-f

確かにインデックスとワーキング・ツリーの両方からProgram01.javaが削除されている。この削除は、次のコミットを実行した時にリポジトリに反映される。

ディレクトリをまとめて削除する場合

ファイルをひとつひとつ指定しなくても、ディレクトリごとまとめて削除できる。

コマンドの基本は簡単だ。

git rm -r [ディレクトリ]

例えば、ディレクトリ:srcにあるProgram01.javaとProgram02.javaがインデックスに追加されている場合を考えよう。

git status

ディレクトリを指定して、

$ git rm -r -cache src

コマンドを叩けばOKだ。

git-status

コマンドのオプションで指定したディレクトリの中のファイルが全てインデックスから削除される。

rmコマンドのオプション

rmコマンドでは次のようなオプションが使える。

オプション

説明

<file>

削除すべきファイル。ファイルglob (例:*.cなど)が一致するファイルを全て削除するために与えられる。

ディレクトリ(例えば、dir/file1とdir/file2を削除するためのdir)の名前がディレクトリの中とそのサブディレクトリの全てのファイルを再帰的に削除するために与えられる。しかし、この場合は-rオプションが必要である。

-r

先頭のディレクトリ名が与えられたならば、再帰的な削除を許す。

-f

--force

更新チェックを無効にする。

まとめ

このページではGitのrmコマンドについて使い方を画面キャプチャも含めてまとめてみた。参考にしていただければ幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リナックスアカデミーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リナックスアカデミーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する