【入門者向け】Gitのstatusコマンドの使い方

git statusコマンドの使い方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「git status」はバージョン管理の状態を確認するためのコマンドだ。

このページではgit statusコマンドの使い方と、情報の見方について解説を行なっていく。 

Gitのstatusコマンド

statusコマンドの基本

このコマンドは、ワーキング・ツリーの状態を表示するためのものだ。以下に示す条件でコンテンツのパスが表示される。

  • ワーキング・ツリーに追跡されていないものがある。
  • ワーキング・ツリーとインデックスに違いがある。
  • コミットされたものとインデックスに違いがある。

workingtree

コマンドの基本は簡単だ。

git status [オプション]

このコマンドを実行すると、下記のようなコンテンツの状態が表示される。

status

では、実際の使い方と、どのように状態が表示されるかを見てみよう。

追跡されていない場合

新たなファイル;Program01.javaをワーキング・ツリーに加えただけだと、statusコマンドで表示されるのは「追跡されていないファイル(Untracked Files:)」だ。

git-status

追加された場合

追跡されていないファイル(Untracked)が追加されると、statusコマンドで表示されるのは「コミットされるべき変更(Changes to be committed)」の「新たなファイル(new file)」だ。

add

コミットされた場合

追加されるか、ステージされたファイルがコミットされると、ファイルは修正されていない(Unmodified)になる。しかし、statusコマンドで表示されるのは「nothing to commit, working tree clean」、つまり「コミットするものは何もない。ワーキング・ツリーは修正されていない」だ。

git-commit

修正された場合

コミットされたファイル(Unmodified)が修正されると、statusコマンドで表示されるのは「修正されたファイル(Modified)」だ。Gitは、コミットされた後、ファイルが修正されたかどうかをチェックしているのだ。

modified

ステージされた場合

修正されたファイル(Modified)がステージされると、statusコマンドで表示されるのは「コミットされるべき変更(Changes to be committed)」の「修正された(modified)」だ。

stage

削除された場合

修正されていないファイル(Unmodified)が削除されると、statusコマンドで表示されるのは「コミットされるべき変更(Changes to be committed)」の「削除された(deleted)」だ。次のコミットでこの削除がリポジトリに反映される。

deleted

commitコマンドのオプション

commitコマンドでは次のオプションが使える。

オプション

説明

-s

--short

短縮した形式で表示する。

まとめ

このページではgit statusコマンドの使い方についてまとめてお伝えをしてきた。見方も難しくなく、また多用するコマンドなので覚えておきたいところだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リカレントテクノロジーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リカレントテクノロジーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する