【入門者向け】Gitのstatusコマンドの使い方

git statusコマンドの使い方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「git status」はバージョン管理の状態を確認するためのコマンドだ。

このページではgit statusコマンドの使い方と、情報の見方について解説を行なっていく。 

Gitのstatusコマンド

statusコマンドの基本

このコマンドは、ワーキング・ツリーの状態を表示するためのものだ。以下に示す条件でコンテンツのパスが表示される。

  • ワーキング・ツリーに追跡されていないものがある。
  • ワーキング・ツリーとインデックスに違いがある。
  • コミットされたものとインデックスに違いがある。

workingtree

コマンドの基本は簡単だ。

git status [オプション]

このコマンドを実行すると、下記のようなコンテンツの状態が表示される。

status

では、実際の使い方と、どのように状態が表示されるかを見てみよう。

追跡されていない場合

新たなファイル;Program01.javaをワーキング・ツリーに加えただけだと、statusコマンドで表示されるのは「追跡されていないファイル(Untracked Files:)」だ。

git-status

追加された場合

追跡されていないファイル(Untracked)が追加されると、statusコマンドで表示されるのは「コミットされるべき変更(Changes to be committed)」の「新たなファイル(new file)」だ。

add

コミットされた場合

追加されるか、ステージされたファイルがコミットされると、ファイルは修正されていない(Unmodified)になる。しかし、statusコマンドで表示されるのは「nothing to commit, working tree clean」、つまり「コミットするものは何もない。ワーキング・ツリーは修正されていない」だ。

git-commit

修正された場合

コミットされたファイル(Unmodified)が修正されると、statusコマンドで表示されるのは「修正されたファイル(Modified)」だ。Gitは、コミットされた後、ファイルが修正されたかどうかをチェックしているのだ。

modified

ステージされた場合

修正されたファイル(Modified)がステージされると、statusコマンドで表示されるのは「コミットされるべき変更(Changes to be committed)」の「修正された(modified)」だ。

stage

削除された場合

修正されていないファイル(Unmodified)が削除されると、statusコマンドで表示されるのは「コミットされるべき変更(Changes to be committed)」の「削除された(deleted)」だ。次のコミットでこの削除がリポジトリに反映される。

deleted

commitコマンドのオプション

commitコマンドでは次のオプションが使える。

オプション

説明

-s

--short

短縮した形式で表示する。

まとめ

このページではgit statusコマンドの使い方についてまとめてお伝えをしてきた。見方も難しくなく、また多用するコマンドなので覚えておきたいところだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ゼロからエンジニアを目指す方へ
短期間でエンジニアになる方法

必要な勉強や技術の最新動向、本当に使えるIT資格、学習に役立つ国からの奨励金などの情報を無料でお届け

資料を見てみる