【Java】Gradleのインストールと基本的な使い方(画像付きで解説)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページではJava開発の世界で広く使用されているオープンソースのビルドツールの1つ、Gradleのインストール方法と簡単な使用方法を紹介する。

Gradleのインストール

Gradleのダウンロード及びインストール方法について、Windowsの環境を使う前提で紹介する。

ダウンロード

最初に行なうことは、Gradle Build Toolの公式サイト(URL: https://gradle.org)からZIPファイルをダウンロードすることだ。

公式サイトのURLを開くと次の画面が表示される。

java-gradle

1.Install Gradleのリンクをクリックする。

java-gradle

Installation(インストール手順)の画面が表示される。その画面のInstall Manuallyをクリックする。

java-gradle

Install manually画面が表示される。Complete, with docs and sourceのCompleteをクリックして、ダウンロードする。

java-gradle

MavenのZIPファイルがダウンロードされる。

インストール

インストールは、適当なディレクトリにダウンロードしたファイルを置いて、展開するだけだ。

ディレクトリをC:\gradleに作る。そこでZIPファイルを展開した例を以下に示す。

java-gradle

PATHの設定

WindowsのDOS窓でGradleのコマンド(gradle.exe)を起動するためにPATHを設定する必要がある。この手順について説明しよう。

コントロールパネル画面を開き、システムとセキュリティをクリックする。

java-gradle

システムとセキュリティ画面が開いたら、システムをクリックする。

java-gradle

システム画面が開いたら、システムの詳細設定をクリックする。

java-gradle

システムのプロパティ画面が開いたら、環境変数ボタンを押す。

java-gradle

環境変数画面が表示されたら、ユーザ環境変数の変数Pathを選択して編集ボタンを押す。

java-gradle

ユーザ変数の編集画面が表示される。変数値に既に設定されているパスの後に「;」を付けて、Gradleをインストールしたディレクトリにある実行ファイル(.exe)が格納されているサブディレクトリ(\bin)を絶対パス名で追加する。ここでは、ディレクトリC:\gradle\gradle-4.5\binを追加している。

 

入力が終わったら、OKボタンを押す。

java-gradle

環境変数の画面に戻るので、OKボタンを押す。これで、PATHの設定は終わりだ。

 

正しくPATHが設定されたことを確かめるために、DOS窓から

gradle -v

とコマンドを叩いて、バージョンが正しく表示されればOKだ。

java-gradle

これで、インストールは全て完了だ。

基本的な使い方

基本的なGradleの使い方を、シンプルなアプリケーションプロジェクトで見てみよう。

プロジェクトを作成する

最初にGradleのプロジェクトを作ってみよう。

GradleはBuild initプラグインと呼ばれるプラグインが最初から組み込まれている。このプラグインがinitと呼ばれるプロジェクトを作るためのタスクを持っているのだ。

最初にすることは、新しいプロジェクトのためのフォルダを作ってそのディレクトリに入ることだ。

java-gradle

次に作成したディレクトリ(フォルダ)からそのまま、

gradle init --type java-application

とコマンドを叩けばOKだ。

実行結果は次のようになる。

java-gradle

起動されたinitタスクは、最初にwrapperタスクを実行する。このタスクはgradlewとgradlew.bat wrapperスクリプトを作る。その後、それが次のような構造で新たなプロジェクトを作る。

java-gradle

これで、シンプルなJavaアプリケーションプロジェクトのために必用なコンポーネントは揃った。

では、プロジェクトファイルの中を見てみよう。

プロジェクトファイルの中を見ていくとGradleがどのようにプロジェクトの成果物をビルドしているかがわかる。

プロジェクトファイル:settings.gradleはほとんどがコメントで一行だけが意味を持つ行だ。

  1. この行はルートプロジェクトの名前を割り当てている。

プロジェクトファイル:build.gradleもたくさんのコメントがある。意味を持つ行だけを抜き出すと次ようになる。

  1. mainメソッドを持つクラス。
  2. Google Guavaライブラリ。
  3. JUnitテストライブラリ。
  4. Public Bintray Artifactoryリポジトリ。

プロジェクトファイル:build.gradleはjavaとアプリケーションのプラグインを追加する。アプリケーションのプラグインはmainメソッドを持つクラスとしてひとつのクラスを指定する。それは、コマンドラインからビルドによって実行することができる。このアプリケーションではそのクラスの名前はAppだ。

Javaソースファイル:App.javaを見てみよう。

次にJUnitでテストするために作られたテストソースファイル:AppTest.javaを見てみよう。

このテストクラスは、JUnitの@Testによって注釈が付けられた単一のテストを行なう。テストはgetGreetingメソッドを起動して戻り値がnullでないことを検査する例だ。

では、このプロジェクトをビルドしてみよう。

プロジェクトをビルドする

プロジェクトをビルドするためにbuildタスクを実行する。このために、通常のgradleコマンドを使うこともできる。しかし、プロジェクトがwrapperスクリプトを含んでいる場合、それに変わってgradlewコマンドを使う。

コマンドの実行は簡単だ。

作成したディレクトリ(フォルダ)からそのまま、

gradlew build

とコマンドを叩けばOKだ。

java-gradle

最初にbuildタスクを実行すると、Gradleは既にGuava とJUnitライブラリがダウンロードされているかどうかをチェックする。もしそうでなければ、ライブラリはダウンロードされ、保存される。2度目にbuildタスクを実行すると、キャッシュされたバージョンが使用される。

どのようにビルドが行なわれるかというと、クラスがコンパイルされ、テストが実行され、テストレポートが作成される。

テストレポートは、build/reports/tests/test/index.html.にあるHTMLファイルを開くとみることができる。

java-gradle

アプリケーションを実行する

Gradleビルドはアプリケーションプラグインを使っているので、コマンドラインからアプリケーションを実行できる。最初にtasksタスクを使ってどんなタスクがプラグインによって追加されたかを見てみよう。

java-gradle

この中のrunタスクはmainClassNameプロパティに割り当てられたクラスの中のmainメソッドを実行する。

java-gradle

期待通りHello worldが表示されている。

まとめ

このページでは簡単なGradleのプロジェクトを作成して実行するまでの流れを追ってみた。プロジェクトファイルを記述することでどんな複雑な処理も自動化することが可能になるので挑戦してみていただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リカレントテクノロジーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リカレントテクノロジーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する