【Java入門】1分で理解する標準クラスとは?

java-standard-class
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

標準クラスとは、Java言語であらかじめ用意しているクラスライブラリのことだ。

このページでは「標準クラスとは」について詳しくお伝えした。Java初心者の方は参考にしていただければと思う。

標準クラスとは

標準クラスとは、Java言語であらかじめ用意しているクラスライブラリのことだ。

様々な機能のクラスが、機能ごとにパッケージというまとまりで用意されている。それぞれのパッケージやクラスと提供されている機能(メソッド)については、利用するJavaのバージョンに合わせたAPIドキュメントにて概要を参照することができる。

Java8のAPIドキュメントは下記から参照できる。

https://docs.oracle.com/javase/jp/8/docs/api/

エンジニアの入り口でもいくつもご紹介している。

例えば、文字列を扱うStringクラスもJava言語が用意した標準クラスである。StringクラスはJava.langパッケージに存在している。

Java.langパッケージとは

Java.langパッケージはプログラムを作成する上でよく使用される、基本的なクラスをまとめたものである。

通常、Java言語で用意された標準クラスであっても、プログラム中で利用する場合はimport文で利用することを宣言しなければならない。

しかし、Java.langパッケージはその記述を省略することができる。

Stringクラスとは

Stringクラスは複数文字、すなわち文字列を表す型である。

Java言語では、変数の型を基本型と参照型の2つに大きく分けることができる。

基本型には「1、2」などの整数を表すint型、「あ、い」等の1文字を表すchar型などがある。

参照型にはString型や日付型などがあり、オブジェクトを参照する型を参照型という。

基本型と参照型の大きな違いは、変数に代入された値を直接格納するかそうでないかという点である。

基本型の場合、型の大きさ(バイト数)が決まっているため直接値を代入することができる。しかし、文字列の場合、その長さは文字数によって変わるため、決めることができない。そのため、実際の文字列は別の場所に格納し、変数にはその実際の値が格納されたメモリ上の住所のようなもの(メモリのアドレス)が代入されている。

詳しい使いかはまた見ていこう。

まとめ

このページではJavaの標準クラスとは何かについてご紹介した。

特に、Java.langパッケージは何もせずとも自由にJavaプログラム内で使うことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リナックスアカデミーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 堀内 暁弘 より:

    IPアドレスの計算の(10進数や2進数)サブネットマスクの計算方法を、教えて下さい。

    1. リナックスアカデミー より:

      ご要望ありがとうございます。近いうちにアップさせていただきます。引き続き、何卒よろしくお願い致します。

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リナックスアカデミーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する