Javaバージョンの確認方法:Windows & Mac & ターミナル

javaのバージョンの確認方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Javaのバージョンを確かめることが必要になったらどうしたらよいだろうか。

このページでは、Javaバージョンの確認方法をご紹介する。言うまでもないことだが、前提としてJavaがインストールされていなければならない。

まず、Windows上のJavaのバージョン確認方法から見てみよう。

Windowsでの確認方法

ここではWindows10を使って説明を行う。Windows 10ではスタートメニューからアプリを立ち上げてJavaバージョンを見つけることができる。Windows10を立ち上げた直後の画面から始める。

windows10

Windowsスタートメニューを開始するために、画面左下のスタートボタンをクリックする。スタートメニューが表示される。

menu

スタートメニューのリスト内のJavaフォルダを見つけクリックすると、Javaのフォルダが展開される。「Javaについて」をクリックすると、「Javaについて」の画面が表示される。

javaについて

画面中央にバージョン番号とビルド番号が表示される。この画面では、バージョン番号が「8」、更新が「121」で、ビルド番号が「1.8.0_121-b13」となっている。

今度は、Macの場合の確認方法を見てみよう。

Macでの確認方法

Macの場合、最初にJavaコントロールパネルを見つけなければならない。まず、システム環境設定画面を開いたところから始めよう。

mac-menu

Javaというアイコンがある。これが、Javaコントロールパネルを開くアイコンである。これをクリックすると、最初にJava画面が表示される。

java

それから、しばらく待つと自動的にJavaコントロールパネルが別のウィンドウで開く。

java-version

Javaコントロールパネルの中の「一般」タブをクリックし、次いでバージョン情報をクリックする。Javaバージョンを示すダイアログが出現する。

build

画面中央にバージョン番号とビルド番号が表示される。この画面では、バージョン番号が「8」、更新が「121」で、ビルド番号が「1.8.0_121-b13」となっている。

ターミナルでの確認方法

上記の方法が面倒であれば、ターミナルで次のように叩くのが手取り早い。

java -version

下記のような表記が出てバージョンが確認できるはずだ。

java-version

まとめ

このページではJavaのバージョンの確認方法についてお伝えした。参考にしていただければ幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リナックスアカデミーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リナックスアカデミーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する