Javaメソッドの可変長引数 (最後の引数)の使い方

可変長引数
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

メソッドで引数の数を事前に設定したくないときがある。

例えば、入力した数字の平均値を出すというメソッドの時、何個入力するかはそのときどきで変えたい場合があるだろう。

そんなときに使えるのが、可変長引数だ。このページではJavaメソッドの可変長引数の使い方についてお伝えする。とはいえ、使い方は簡単だ。

Javaメソッド最後の引数は可変長引数にもなる

可変長引数とは?

Javaのメソッドの最後の引数は可変長引数として使うこともできる。

可変長引数とは、メソッドの定義側でひとつ引数を設定しておくと、実際につかうときにいくつも引数を書けるということだ。

引数の数は決まっていないが、型が同じという引数があれば、この書き方が使える。

可変長の引数は配列に入れられて、メソッドに渡される。このため、メソッド側では配列と同じ扱いで、処理を行うことができる。

可変長引数の書き方

書き方を見てみよう。

呼び出す側の書き方は簡単だ。実引数N1から実引数Nnまでが可変長引数にあたる。

メソッド名(実引数A, 実引数B, … 実引数N1, 実引数N2, … 実引数Nn);

一方、呼び出されるメソッドの引数の定義では、最後の引数の型と識別子の間に、「…」を入れて書く。こうすれば、可変長だと宣言したことになる。

書き方の基本はこれだ。

では、簡単なサンプルプログラムで確かめてみよう。

可変長の引数のサンプルプログラム

このサンプルプログラムは、クラスの生徒の体重の平均を表示する。クラス毎に人数が異なっても、メソッドの定義を変える必要はない。実引数の最後の体重を生徒の数に合わせて書けばよい。

実行結果

サンプルプログラムの説明

それでは簡単にプログラムの解説をしてゆこう。

  • [1] メソッド:printWeightAverageを2人の体重を引数として呼び出す
  • [2] メソッド:printWeightAverageを4人の体重を引数として呼び出す
  • [3] メソッド:printWeightAverageを6人の体重を引数として呼び出す
  • [4] 可変長引数を持つメソッド:printWeightAverageを定義する
  • [5] 変数:sumの宣言と初期化を行う
  • [6] [7] 体重の合計を求める
  • [8] クラスと人数を表示する
  • [9] 体重の平均を表示する

メソッド側に渡される値を確認するサンプルプログラム

簡単にメソッドに渡される値が、配列だということを確認しておこう。

このサンプルプログラムではよく使う方法([ ])で、配列の要素の値を取り出し、その要素の値を表示している。

実行結果

サンプルプログラムの説明

それでは簡単にプログラムの解説をしてゆこう。

  • [1] メソッド:printNumbersを呼び出す
  • [2] 可変長引数を持つメソッド:printNumbersを定義する
  • [3] [4] 配列の要素の値をすべて表示する

まとめ

このページではJavaメソッドの可変長引数についてお伝えした。

使える場面は多いので、使い方は理解しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*