【初心者向けに簡単に】Javaのプラグインの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Javaのプラグインとはコンセントの差し込み口のようなものだ。

このページではJavaのプラグインの使い方についてご紹介していこう。

Javaのプラグインとは

Javaのプラグイン(Plug-in)とは、Java Runtime Environment (JRE)を含んでいて、コンピュータ上のブラウザでJavaアプレット(Applet)が実行できるようにする技術のことである。

正式にはJava Plug-in technology(Javaプラグイン技術)と呼ばれている。

plugin

Javaのプラグインは、簡単に言えば「コンセントの指し込み口」のようなものだ。ブラウザに用意されたコンセントの指し込み口にアプレットを差し込むと、プラグインはアプレットに強力な機能を提供する。

尚、Javaのプラグインは,JDK 9より非推奨になっているので注意して欲しい

しかし,これまで開発されたアプレットはたくさんある。それらに出会った時,この内容が役立つだろう。

アプレットはどのように実行されるか

アプレットの実行は、WebブラウザがWebサーバーにHTMLファイル、WebページがHTMLで書かれているファイルを要求するところから始まる。そのHTMLの中にアプレットの実行のための情報が埋め込まれている。

次に、このアプレットの情報に基づいてWebサーバーからアプレットがダウンロードされる。このアプレットが、プラグインを通して、Java仮想マシーンを含むJava実行環境の上で実行される。

plugin2

アプレットのサンプルプログラム

このサンプルでは,HTMLファイルへのアプレットの起動のための記述とアプレット本体のコードを取り上げている。HTMLファイルではタグ<applet>の記述中にアプレットのクラスと表示する大きさを指定している。

SimpleApplet.htmlファイル:

アプレットは、「Hello World」を表示する。

SimpleApplet.javaファイル:

実行結果

サーバー無しでアプレットを実行するためのツールであるappletviewerを使った実行方法とその実行結果を示す。

この前提として,SimpleApplet.javaがコンパイルされて、クラス・ファイルSimpleApplet.classが作られていることが必要である。

DOS窓のコマンドプロンプトで、アプレットのクラス・ファイルがあるディレクトリに移動し、「appletviewer SimpleApplet.html」と入力する。

そうすると、アプレットが表示した「Hello World!」が表示される。

simpleApplet

サンプルプログラムの説明

それでは簡単にプログラムの解説をしてゆこう。

  • [1] Appletクラスを継承したクラスを定義する。
  • [2] paintメソッドを宣言する。
  • [3] “Hello World!”を描画する。

まとめ

このページではJavaのプラグインについてご紹介してきた。非推奨になるものの現役で動いているものも多いだろう。

参考にしていただければ幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*