JavaScriptで配列の要素数を取得する方法【Array.length】

javascriptで配列の数を取得する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

プログラミングでは、ループ処理など配列の要素数を数えることがよくある。

このページではJavaScriptにおける配列オブジェクトの要素数を数えるプロパティ「Array.length」についてお伝えしよう。

Array.lengthの基本的な使い方

使い方はいたってシンプルだ。プロパティなので、配列オブジェクトに対して呼び出すだけでよい。

配列オブジェクト.length

例えば、配列animalsの要素数を知りたければ次のようにすればいい。

animals.length

実際のコードを見てみよう。

array-length-001

lengthプロパティの操作

lengthプロパティを直接操作することもできる。

lengthプロパティを減らす

プロパティの数値を減らすと、配列要素が削除される。このとき削除された値は参照することができなくなる。

配列オブジェクト.length = 配列数

array-length-002

lengthプロパティを増やす

反対にプロパティの数値を増やすと、配列要素が追加される。このとき追加された値は「undefined」になる。

array-length-003

lengthを指定するときの注意

「Array.length」プロパティは、プラスの値しかとることができない。マイナスの値を指定してしまうと、シンタックスエラーとなるので気をつけよう。

array-length-004

まとめ

JavaScriptにおいて配列の要素数を数えたい場合は「Array.length」を利用する。基本的なプロパティで頻繁に使うことになるので覚えておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リカレントテクノロジーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リカレントテクノロジーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する