【Linux関連まとめ】おすすめのlinuxブラウザ5選

linuxブラウザまとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LinuxをGUIで使うことも徐々に増えてきたと思う。Ubuntuなどであれば、ITリテラシーに関わらずGUIで使えるはずだ。

GUIでもっとも使うツールの一つがWebブラウザだろう。

このページではLinuxでおすすめのWebブラウザについてまとめてご紹介する。結局Firefox or Chromeだが、知っておいて損はないはずだ。

Linuxのブラウザ

オープンソースのGUIなブラウザは大方Geckoエンジンを使ったものと、Webkitから派生したBlinkを使用したものの2つに大分出来る。

その他デキストブラウザとしてのw3mは、特殊なエンジンを使用したものとなる。基本的にマルチプラットホームとなっている。

Linuxブラウザまとめ

firefox

firefox

https://www.mozilla.jp/

オープンソースブラウザの定番といえばfirefoxである。MozillaFoundation が開発している。なので正式にはMozilla Firefoxとなる。またGeckoエンジンを採用している最も有名なブラウザといえるだろう。大体のディストリビューションで標準のブラウザとして設定されている。WindowsやMacなどのマルチプラットホーム対応でありLinux以外の環境でも動作する。Geckoエンジンはウェブ標準に対する準拠度が高いので、安心してつかえる選択肢の一つといえる。セキュリティ面ではポップアップのブロックなどが優秀である。最大の特徴として「アドオン」や外観をいろどる「テーマ」が豊富というところがあがるだろう。アドオンとはつまり「拡張機能」のことである。firefox本体に任意の拡張機能を追加することで、自分の好みの機能をもったブラウザを構築できる。

SeaMonkey

seamonkey

http://www.seamonkey-project.org/

あまり名前を目にしないかもしれないが、こちらもGeckoエンジンを使用しているブラウザである。もとをただすと、開発の歴史自体はfirefoxよりも長い。MozillaFoundationから独立したボランティアグループSeaMonkey Councilによって開発されている。こちらもクロスプラットホームとなっている。ブラウザとしての機能に目がとられがちだが SeaMonkeyは「インターネット統合アプリケーション」ともいえるものである。タブブラウザとしての機能の他、メールクライアント、ニュースクライアント、IRC機能などが統合されている。アドオン機能はあるもののFirefoxほどの品揃えではない。しかしアドオンがなくとも十分に機能をはたせるだけの統合環境といえる。

Google chrome

chrome

https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/

Blinkを採用したブラウザのなかでは一番の知名度もしくは、使用率となっているだろう。開発元はGoogleである。またオープンソースプロジェクトでChromiumという名前で開発されている。タブ毎にプロセスを分離、サンドボックス化することでセキュリティの向上につとめている。そのためメモリやCPUといったリソースを多く要求されがちになるが、リソースが十分ならば非常に高速に動作するようになっている。基本的にLinuxではコミュニティーがビルドしたChromiumかgoogleが配布しているパッケージを使用することになる。アドオンやテーマも豊富でありfirefoxと双璧をなしている。ほかにもChromiumOSというGoogleがオープンソースで開発しているOSの中心部分として機能している。実際に製品版としてChromeOSがあり、小規模ながらに市場展開している。

Opera

opera

http://www.opera.com/ja

ノルウェーのソフトウェア開発会社、オペラソフトウェアが開発しているブラウザである。エンジンとしては、最初期は独自のエンジンを搭載していた。またタブブラウザとしては初期に有名になった。現状ではエンジンは独自開発のものではなくなった。過去Webkitを採用し、現在Blinkを使用している。ほかにマウスジェスチャー、マウスで特定の動作をするとタブを閉じるなどのマウスによる操作もサポートしている。全体的に野心的であり、モバイル分野に注力するなど、少々とがったイメージのあるOperaである。若干マイナーではあるが、熱心なファンを多く獲得しているブラウザだといえる。

w3m

w3m

http://w3m.sourceforge.net/

今回のなかでは唯一CUI環境で動作するブラウザである。現東北大学教授、伊藤彰則氏が開発したテキストブラウザである。CUIな環境で動作するため、テキストを中心としたブラウザとなるが、タブブラウジング、マウスによる操作、テーブル、フレームの描写などが可能となっており、画像ファイルをインライン表示することも可能となっている。

またEmacs上でもEmacs-w3mとしてEmacs上でw3mを使用することもできる。CUI環境でブラウジングをしたいというときに重宝するブラウザである。また他のテキストブラウザとくらべると驚くほど多機能といえる。

まとめ

このページではLinuxのブラウザについてまとめてきた。それほど種類があるわけでもないし、FirefoxもしくはChromeを選ぶ人が圧倒的だろう。少し変わったところだとOperaだろうか。

参考にしていただければと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リナックスアカデミーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リナックスアカデミーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する