1分でわかる!centosのバージョン確認方法

centos
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Linux CentOSのバージョン確認方法は簡単だ。「/etc/redhat-release」ファイルの中身をみればすぐに確認ができる。

CentOSのバージョン確認方法

サーバを管理する上で自分が使用しているシステムのバージョンを知ることは、保守管理の面で重要である。なぜならそのバージョンの時点で、抱えるセキュリティホールなどが浮き彫りになるからだ。

CVEなどをはじめセキュリティ情報のサイトでは、どのバージョンがどのセキュリティホールを抱えているかが記載される、その時のバージョンが確認出来ないという状態は致命的といえるだろう。

このページではバージョンを確認する手段を紹介する。

centos バージョンはどこに記載されているのか?

以下のコマンドで「/etc/redhat-release」を参照すればCentOS自身のバージョンを確認出来る。

$ cat /etc/redhat-release

redhat-release

他にもディストリビューションによってはログイン画面でバージョン情報が記載されていることがある。

centos cons ver

カーネルのバージョンの確認

現状使用しているカーネルのバージョンを知りたいときは「uname」コマンドを使用するとよい。全ての情報を表示させるには「-a」オプションを指定する、unameコマンドはスクリプトなどでマシンの情報をひきだすとき以外は大概「uanme -a」とすればことたりるはずだ。

$ uname -a

uname -a

その他コマンドのバージョン確認

その他多くのコマンドにもバージョンがある。大概はショートオプション「-v」またはロングオプション「--version」とすると十中八九はそのコマンドのバージョン情報を表示してくれる。両方ともつうじない場合は「man」コマンドを参照するとバージョン情報の表示のさせかたが書いてあるはずだ。

ls -version

rpmパッケージのバージョンを確認する。

$ rpm -qa

とすると現在インストールされているすべてのrpmパッケージのバージョン情報が閲覧できる。

rpm -qa

まとめ

このページではCentOSのバージョン確認方法についてお伝えした。「catで/etc/redhat-releaseを見る」というのは覚えてしまおう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*