chshコマンドについて詳しくまとめました 【Linuxコマンド集】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

chshはログイン時のシェルを変更するコマンドだ。

このページではログイン時のシェルを変更する方法を解説する。

chshコマンドの基本

コマンドの基本動作

使い方は、次のとおりだ。

$ chsh ユーザー

testのログイン時のシェルを変更するが現在の状況を確認しておこう。

/etc/passwdファイルでユーザーtest詳細情報を確認する。

$ grep test /etc/passwd

chshコマンド

ユーザーtestのログインシェルは/bin/shだ。

実際にユーザーtestでログインしてみる。

$ su test

chshコマンド

現在、ユーザーtestでログインすると、このようなログインプロンプトとなっている。

このログインシェルは/bin/shのログインプロンプトはこのログインプロンプトなのだ。

ここで一旦ユーザーtestをログアウトする。

$ exit

chshコマンド

ユーザーtestをログアウトした。

では、実際にシェルを変更する。

testのログイン時のシェルを変更する場合は、次のコマンドだ。

$ chsh test

chshコマンド

変更するシェルの入力が要求される。

chshコマンド

testのログイン時のシェルが変更できた。

/etc/passwdファイルのユーザーtest詳細情報を確認し、ログインシェルが指定したものになっているか確認する。

$ grep test /etc/passwd

chshコマンド

ユーザーtestのログインシェルが/bin/bashに変更になっている。

実際にユーザーtestでログインしてみる。

$ su test

chshコマンド

ユーザーtestの、ログインプロンプトも変更になっている。

ユーザー名を指定しない場合は、現在ログインしているユーザーのシェルを変更する。

ユーザーvagrantでログイン中にchshコマンドのコマンド名のみを指定すると、シェルを変更するユーザーはvagrantとなる。

現在のログインしているユーザーvagrantのシェルを変更する場合は、次のコマンドだ。

$ chsh

chshコマンド

ユーザーvagrantのパスワードが要求される。

chshコマンド

変更するシェルの入力が要求される。

chshコマンド

現在のログインしているユーザーvagrantのシェルが変更できた。

/etc/passwdファイルでユーザーvagrant詳細情報を確認し、ログインシェルが指定したものになっているか確認する。

$ grep vagrant /etc/passwd

chshコマンド

ユーザーvagrantのログインシェルが/bin/shに変更になっている。

この時点ではシェルは変更になっていない。

再度ユーザーvagrantでログインしてみる。

$ su vagrant

chshコマンド

ユーザーvagrantの、ログインプロンプトも変更になっている。

chshコマンドのオプションたち

オプションの一覧

後から詳細をご紹介するが、まずは一覧で見てみよう。

オプション -s(オプション--shell)

シェルを指定する

-sオプション(--shellオプション):シェルを指定する

シェルを指定する書式は次のとおりだ。

$ chsh -s シェル ユーザー

testのログイン時のシェルを/bin/shに指定して変更する場合は、次のコマンドだ。

$ chsh -s /bin/sh test

chshコマンド

testのログイン時のシェルを/bin/shに指定し変更した。シェルの指定をする要求はない。

chsh関連コマンド

最後にchshコマンドに関連して、基本的なログイン時のシェルを変更するコマンドも紹介しておく

usermodコマンド

ユーザー情報を変更する。

まとめ

chshコマンドは、usermodコマンドの-sオプションと同じ動作だ。

chshコマンドは(Change Shell)の略なので暗記してもよいだろう。

ユーザー名を指定しないで、ログイン中のユーザーのシェルを変更する場合、パスワードが要求される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リナックスアカデミーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リナックスアカデミーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する