logsaveコマンドについて詳しくまとめました 【Linuxコマンド集】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

logsaveはコマンドの実行結果をファイルに出力するコマンドだ。

logsaveコマンドの基本

コマンドの基本動作

使い方は、次のとおりだ。

$ logsave コマンド ファイル名

コマンドping -c 1 127.0.0.1の実行結果をファイルlogtext.txtに書き込む場合は、次のコマンドだ。

$ logsave logtext.txt ping -c 1 127.0.0.1

logsaveコマンド

コマンドping -c 1 127.0.0.1の実行結果をファイルlogtext.txtに書き込んだ。

コマンド名に「-」を指定すると、キー入力のすべてを記録する。この場合、Ctrl+Cのショートカットキーでlogsaveコマンドを終了させる。

logsaveコマンドのオプションたち

オプションの一覧

後から詳細を紹介するが、まずは一覧で見てみよう。

オプション -a

ファイルに追記する

オプション -s

不要なヘッダ情報を記録しない

オプション -v

画面上にも詳細を表示する

-aオプション:ファイルに追記する

ファイルに追記するする書式は次のとおりだ。

$ logsave -a コマンド ファイル名

コマンドecho abcの実行結果をファイルlogtext.txtに追記し書き込む場合は、次のコマンドだ。

$ logsave -a logtext.txt echo abc

logsaveコマンド

コマンドping -c 1 127.0.0.1の実行結果をファイルlogtext.txtに追記し書き込んだ。

 -sオプション:不要なヘッダ情報を記録しない

不要なヘッダ情報を記録しない書式は次のとおりだ。

$ logsave -s コマンド ファイル名

不要なヘッダ情報を記録せずコマンドping -c 1 127.0.0.1の実行結果をファイルlogtext.txtに書き込む場合は、次のコマンドだ。

$ logsave -s logtext.txt ping -c 1 127.0.0.1

logsaveコマンド

不要なヘッダ情報を記録せずにコマンドping -c 1 127.0.0.1の実行結果をファイルlogtext.txtに書き込んだ。

コンピュータの通信は、ASCIIコード0の制御文字Start Of Header(SOH)でヘッダ情報が始まる。

さらに、ASCIIコード0の制御文字Start Of Text(STX)で本文情報が始まる。

つまりSOHからSTXまでがヘッダ情報となっている。

ここで、一つ実験してみよう。

echoコマンドで、SOH、abc、STX、ABCと出力する。この実行結果を次のコマンドでファイルlogtext.txtに書き込む。

$ logsave -s logtext.txt echo -e $'\001' abc$'\002' ABC

logsaveコマンド

画面上には小文字のabc、大文字のABCと出力されているが、ファイルにはSOHとSTXで囲まれた小文字のabcは記録されていない。

 -vオプション:画面上にも詳細を表示するする

画面上にも詳細を表示するする書式は次のとおりだ。

$ logsave -v コマンド ファイル名

画面上にも詳細を表示しながらコマンドping -c 1 127.0.0.1の実行結果をファイルlogtext.txtに書き込む場合は、次のコマンドだ。

$ logsave -v logtext.txt ping -c 1 127.0.0.1

logsaveコマンド

画面上にも詳細を表示しながらコマンドping -c 1 127.0.0.1の実行結果をファイルlogtext.txtに書き込んだ。

logsave関連コマンド

最後にlogsaveコマンドに関連して、基本的なコマンドの実行結果をファイルに出力するコマンドも紹介しておく

teeコマンド

画面とファイルに出力する。

まとめ

コマンドの実行結果をファイルに保存する方法は、「>」を使ったリダイレクトやteeコマンドでも可能だが、logsaveコマンドでは、実行開始時間や終了時間など詳細の情報もログとして記録できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リナックスアカデミーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リナックスアカデミーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する