【Linuxの基礎知識】RHEL(レル)とは?

rhelとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RHELとは「Red Hat Enterprise Linux」の略だ。「レル」と読む。

その名の通りRedHat社の商品だが、このページで簡単に説明をしよう。

RHELとは?

rhel

「rhel」(レル)とは「Red Hat Enterprise Linux」の略であり、Red Hat社の商用ディストリビューションだ。

Linuxというと無料のイメージが強いが、サポートやパッケージを加えて有料で販売している企業もある。Red Hatは有料LinuxのシェアNo.1企業だ。主にサーバ分野で業務的な用途にて使用される。

サポートが付くというのは、企業にとって安心材料だ。わからないことがあったときや問題があったときに、Red Hat社が対応してくれるからだ。そのため、業務用として非常に信頼性が高く、公的機関などにも導入の実績がある。

認識するハードウェアについても、割とデファクトスタンダードな地位を築いているため、ハードウェアメーカが考慮してくれている部分もみられる。

「物理サーバ」「仮想サーバ」「パブリッククラウド」どれも場所を選ばずに稼働するようになっている。日本市場では国内の商用Linuxディストリビューションのうち約85%のシェアを占めているといわれている。

RHELを基準に学習をしたいというならば、クローンディストリビューションであるCentOSを使用するとよいだろう。

Red Hat Enterprise Linuxの誕生

スタート時

Red Hatの歴史は長い、1993年までさかのぼる。当初はまだRed Hat Enterprise Linuxではなく、RedHatLinuxとしてDebianやSlackwareと並んでメジャーディストリビューションとなっていた。

RedHatLinuxはrpmやGUIなインストーラを設けるなど、メジャーディストリビューションらしい扱いやすい構成になっていた。現在もそれは健在だ。当初は無償で雑誌などに付属していた時期もあった。

しかし商用アプリケーションを使用するにあたって、バージョンアップの度に互換性に問題が発生した。それを機に2002年に企業向エンタープライスユースに耐えられる「長期サポートが可能なLinux」を構築するという大義名分を背負ってRed Hat Enterprise Linuxが誕生したのである。

Fedoraと分岐

Red Hat Enterprise Linuxがエンタープライスへ方向転換したが、ここでいままでにあったRedHatLinuxはコミュニティーベースのFedoraCoreとして生まれかわることとなった。

現在はFedoraCoreの名前はFedoraとなっている。現在もFedoraはredhat社が支援しているコミュニティであり最先端ディストリビューションとなっている。コミュニティで培われたFedoraの成果物は段階的にRHELにとりこまれるようになっている。FedoraはいわばRed Hat社の実験場だ。

RHELの特徴

サポート体制

RHELは間違いなく有料ディストリビューションのNo.1だが「なぜLinux界隈のデファクトスタンダードになることが出来たのか」といえば、やはり「長期サポート」という部分が大きいだろう。

初期のころは約7年の長期サポートがなされた。現在では10年という長期サポートがなされる。変化の激しいLinux界隈でこのサポート期間は極端にいえば「異様」ともいえる。しかしビジネスで重要なのは「なによりも安定してクライアントにサービスを提供する」ということだ。そしてRHELの役割は「長期サポートが可能なLinux」である。見事にニーズと一致しているといえる。

だが気をつけなければならないのは、長期サポートが故に、時代にとりのこされてしまう場合があるということだ。例えば現状rhel6とrhel7では構成しているパッケージのバージョンは大きく変化することになる。

10年という長期サポートがユーザを浦島太郎状態にしてしまうことがあるのである。ここは少々考えどころだ。

開発形態

基本的にRHELはコミュニティーベースのFedoraの成果を元に新しい技術を導入してゆく形になる。新機能はメジャーバージョンアップを節として導入されることがほとんどだ。安易な変更はサーバとして稼動しはじめたRHELを不安定にしてしまう可能性がある上、整合性が確保できなくなり、長期的なサポートが出来なくなってしまう可能性がある。

そのため、メジャーバージョンアップの時にまとめてアップグレードするという方針だろう。

先ほども述べたように、メジャーバージョンのサポートは非常に長く、パッケージチョイスもFedoraで十分に検証されたものが導入されるため、周りのディストリビューションと比べると、安定性重視で枯れたものとなる。

サブスクリプションとは?

Red Hatのビジネスモデルのなかでよく「サブスクリプション」という文字を目にするだろう。これは要は「保守、技術的サポート料」となる。

Red HatはRed Hat Enterprise Linux本体を販売するというよりはサブスクリプションというサポート料でビジネスとしているといえる。デスクトップ、ワークステーション、サーバ、メインフレーム向けの製品が存在しており、通常は1年もしくは3年単位のサブスクリプションとして提供される。

具体的なサブスクリプションの内容には「RedHatによる知的所有権の保証」「ソフトウェアの更新」「バグフィックス対応」などが含まれる。

まとめ

このページではRHELとはについてまとめてお伝えした。だいたいご理解いただけただろうか? 参考にしていただければ幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*