【超簡単に】LinuxでのRubyのインストールと実行

linux-ruby
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Linux環境でRubyを動かしたいのであればインストールがまず必要だ。また実行方法も知っておく必要がある。

このページではLinuxでのRubyを動かす方法についてお伝えした。参考にしていただければ幸いだ。

Rubyとは?

まつもとゆきひろ氏によって開発され、1995年に一般公開されてたオブジェクト思考のインタプリタな言語である。コンピュータ言語ではめずらしい日本国産の言語だ。もちろんオープンソース。

作者曰く「Rubyの外観はシンプルです。けれど、内側はとても複雑なのです。 それはちょうど私たちの身体と同じようなものです」。

お言葉通り、使い方はシンプルだが奥深い言語となっている。

最初はあまりメジャーな言語ではなかったが、2006年ごろにフレームワーク「Rails」と巡りあい一気に普及した。生産性が高くWeb開発の現場で活躍している。国内海外問わずファンが多い。オブジェクト指向言語を学ぶための入門言語としても選ばれる。

インストールしよう

CentOS7の場合デフォルトではインストールされないのでyumを使用してインストールする。

# yum install ruby

バージョン情報を確認するには、

$ ruby –version

version

とする。

hello_worldしてみよう

とりあえず一行目にインタプリタの場所を指定しなければならないので、インタプリタの場所を確認しておく。

$ which ruby

which

hello_world.rb

 

スクリプトに実行権限を与える。

$ chmod 755 hello_world.rb

スクリプトを指定して実行する。

$ ./hello_world.rb

hello_world

インタプリタを実行してみよう

インタプリタは「irb」コマンドとなっている試しに

$ irb

と打ってみよう。インタプリタが単体で起動したはずだ。そこで

> puts ("hello_world")

と打ってみよう。以下のような出力がえられるがずだ。

irb

なお「nil」という文字が出力されているが、そういう仕様なので気にしなくても大丈夫だ。

まとめ

このページではLinuxでのRubyのインストールと実行についてお伝えをしてきた。参考にしていただければ幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ゼロからエンジニアを目指す方へ
短期間でエンジニアになる方法

必要な勉強や技術の最新動向、本当に使えるIT資格、学習に役立つ国からの奨励金などの情報を無料でお届け

資料を見てみる