【簡単】シェルスクリプトでテキストを改行する方法

シェルスクリプトでの改行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

シェルスクリプトで複数行を出力したいとき、echoを連続するのが嫌だな、と感じることがあるはずだ。

もちろんシェルスクリプトにも改行の方法が用意されている。いくつかご紹介しよう。

改行を出力したいとき

シェルスクリプト実行時に「メッセージを改行し、複数行にまたいで表示したい」もしくは「複数行の結果を保存したい」という場合もあるだろう。

方法はいくつかあるが最も簡単なのは、echoコマンドを連発しリダイレクトで結果を保存する、といった方法だろう。

他にも手段があるので、このページで紹介しようと思う。

echoコマンドをならべる

もっともベーシックな方法。echoを連発しても改行はされる。

vi strings-ex1.sh

実行結果

$ ./strings-ex1.sh

改行の例

以降はどれもほぼ同じ結果となる。

echoコマンドの改行

オプションとして「-e」をわたすことと「"」で文字列を囲むこと、改行したい位置に「\n」改行コードをいれる。

vi strings-ex2.sh

ファイルヘ保存

シンプルパターン

ファイルへ保存する場合は順にリダイレクトしてゆく。

vi strings-ex3.sh

見ての通り、あまり美しくはない。

{}を使用してスマートにする

{}を使用すると「グルーピング」が可能になる。グルーピングをすると複数のコマンドを一つのコマンドとして認識するようになる。これによりリダイレクトの回数を減らせる。

vi strings-ex4.sh

printfを利用する

C言語などでは馴染深い「printf」を使用することもできる

vi strings-ex5.sh

printfを利用、もう少し書式を設定する

vi strings-ex6.sh

catコマンドを利用する

catコマンドとリダイレクトを駆使すると、任意の終端コードを指定して入力を受付ることができる。

vi strings-ex7.sh

まとめ

このページでは改行の出力方法についてまとめてみた。その時々でいずれかの手段を使い分けていただければと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リカレントテクノロジーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リカレントテクノロジーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する