【すぐわかる】Ubuntuの再起動方法・GUI & コンソールどちらも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページではUbuntuの再起動の方法についてお伝えした。

GUI・コンソールどちらも解説している。いずれも簡単だ。

GUIでのUbuntuの再起動

GUIでのUbuntu再起動は下記のようになる。

まずは、右上の小さな歯車マークをクリックする。

再起動

ここには再起動の表示がないが、シャットダウンの項目をクリックすると再起動のボタンも一緒に表示される。

ubuntu-reboot

再起動をクリックすれば再起動がおこなわれる。

ターミナルからのUbuntuの再起動

もちろんだがターミナル端末からでも再起動は可能となっている。

GUIからやるとなるとわざわざターミナルを出す必要はないが、一応。

左の一番上のアイコンをクリックして検索欄に「terminal」と打ち込むと以下のようなものがヒットするはずだ「端末」をクリックしてターミナルを起動しよう。

ubuntu-reboot3

$ sudo shutdown -r now

もしくは

$ sudo reboot

ubuntu-reboot4

とすればよい

このときパスワードをsudoから要求してくるが、インストール時に自分で設定したパスワードを入力する。

コンソールからの再起動

なにかしらのトラブルでGUI環境がハングアップしたなどの場合でも、外見的にハングアップしているだけでシステムは健在であることが多い。そういったときはとりあえず「Control+Alt+F2」などを押してみよう。黒いコンソール画面にたどりつくはずだ。そこから、ログインして

ubuntu-reboot6

$ sudo shutdown -r now

もしくは

$ sudo reboot

ubuntu-reboot5

とすれば再起動できるはずだ。

まとめ

このページではUbuntuでの再起動について簡単にまとめてきた。

より細かい所やシャットダウンなどについても知りたい方は下記をご参考に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リカレントテクノロジーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リカレントテクノロジーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する