【いざというときのために】Ubuntuの強制終了方法

ubuntuの強制終了
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Ubuntuがフリーズやエラーを吐き続け対応ができなくなり、強制終了をしなければいけないときはある。

このページではUbuntuでの強制終了の方法についてまとめてお伝えした。参考にしていただければと思う。

Ubuntuの強制終了

Ubuntuに限らずLinuxでの強制終了については、下記ページを参照してもらえると大概の用事は済む。

どのディストリビューションでも一緒なので下記を確認していただくのも良いだろう。より詳細情報をまとめている。

 

このページではUbuntuがフリーズしたときの対処方と強制終了の方法を2つピックアップする。

GUIがフリーズしてもシステムは生きている可能性がある

X Window Systemのフリーズ

入門者がUbuntuを使用している場合、「X Window System」が起動していることが多いはずだ。要は黒いコマンドしか打てない画面ではなく、デスクトップ画面だ。

「X Window Systemがフリーズする」ことは時々ある。そういう時は落ち着いてまずコンソールへ移動しよう。

killコマンド

「Control+Alt+F2~F4」あたりを押してみてほしい、コンソールでのログイン画面へ移動できるはずだ。

そこから日常で使っているユーザでログインしてkillコマンドを使用してフリーズしているプロセスをkillしよう。そのあとに「Control+Alt+F7」でXWindowSystemの画面にもどることが出来る。

killの書式は基本的に以下のとおりだ。管理者権限のプロセスをkillする場合はsudoなどを使用する。

$ sudo kill <プロセスid>

プロセスidがわからない時はtopや

$ ps aux

としてプロセスのidを確かめよう。もしくは

$ sudo killall <アプリケーション名>

としてもプロセスをkill出来る。

カーネルが生きている状態で強制再起動する

Ubuntuの場合、特に設定をしなくても「MagicSysRq」による受付が有効になっているので。以下のようにすると比較的安全に強制再起動できる。

とても押しにくいショートカットだが、非常手段なので我慢しよう。

  • Alt+PrintScreen+R (X Window Systemからキーボードの権限を奪取する)
  • Alt+PrintScreen+S(ファイルシステムをSyncしてすべての書き込みを完了させる)
  • Alt+PrintScreen+E(プロセスにSIGTERMシグナルを伝達終了させる)
  • Alt+PrintScreen+I(終わらなかったプロセスを強制終了させる)
  • Alt+PrintScreen+U(ファイルシステムを読み込み専用モードへ変更するため、リマウントする)
  • Alt+PrintScreen+B(再起動する)
  • (一般的なキーボードではAlt+PrintScreenがSysRqとなっている)

この手段はカーネルが生きている場合にのみ通用する手段となっている。なのでカーネルパニックなどに陥っていると使えない。

まとめ

このページではUbuntuでの強制終了の方法についてお伝えした。困った時には使っていただければと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リカレントテクノロジーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リカレントテクノロジーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する