【Linuxコマンド集】3分でわかるcat コマンドの使い方

linux catコマンド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

本日はLinuxのcatコマンドの使い方について解説しよう。

catはLinuxの中でもっとも頻繁に使うコマンドのひとつだ。ファイルをみるときに頻繁に使うが、実はそれ以外にも使い道がある。

オプションも細かく説明するので、この機会にぜひ使い方をマスターしてしまおう。

Linux catコマンドの基本

catコマンドによるファイルの閲覧

一番よく使われる使い方は、ファイルの閲覧だ。

例えば、fileAの中身を見たいとき、次のようにコマンドを打つ。

$ cat fileA

するとfileAの中身を出力することができる。

linux_cat_command01

catコマンドによるファイルへの出力

出力は標準出力なので、リダイレクト「>」を用いることで、別のファイルに出力内容を記述することもできる。

$ cat fileA > fileB

linux_cat_command02

上書きではなく、追加がしたければリダイレクトの「>>」を使用すれば良い。

$ cat fileA >> fileB

linux_cat_command03

このように追加される。

catコマンドによるファイルの結合

catにはもともと「ファイルを連結して標準出力に出力する」というコマンド本来の意味合いがある。cat自体が、「連結する」を意味するconcatnateの略である。

これも非常に便利な機能だ。標準出力するだけなので、上記同様にファイルへ保存する場合にはリダイレクト「>」「>>」を用いる。

使い方は簡単で、catコマンドの後にファイルを並べればいい。

$ cat fileC fileD

linux_cat_command04

$cat fileC fileD fileE

のように3つ以上の連結も可能だ。

catコマンドのオプション

主なオプションは次のとおりだ。

-n(--number)

「cat -n ファイル名」により、行番号をつけて出力する。これは使うことが多いオプションなので覚えてしまおう。"number"のnだ。

$ cat -n fileB

linux_cat_command05

-b (--number-nonblank)

blankなし(空白行を入れずに)番号をつけて表示するオプション。"blank"のbで覚える。

$ cat -b fileB

linux_cat_command06

 

-s(--squeeze-blank)

連続した空白行を1行の空白行にまとめるオプションだ。

$ cat -s fileB

linux_cat_command07

-E(--show-ends)

各行の最後に"$"を表示するオプションだ。

$ cat -E fileB

linux_cat_command08

連続した文字列の改行位置がわかりにくい場合に、$を入れることで確認することができる。

-T (--show-tabs)

タブを"^I"に置き換えて表示することもできる。

linux_cat_command09

 

catに類似したLinuxコマンド

tacコマンド

まず、catの逆順で表示をする「tac」コマンドがある。冗談のようなコマンドだが、実際に動く。

$ tac fileA

linux_cat_command10

知らない人が多いが意外に使える場面があるコマンドなので、ぜひ覚えておこう。

 

less コマンド

長いテキストを見るときはcatよりもlessコマンドの方が有効だ。合わせて覚えておこう。

 

まとめ

このようにlinuxのcatコマンドには様々できることがある。

  • 指定されたファイルを標準出力へ出力する
  • ファイルの新規作成
  • ファイルへの追記
  • ファイルのコピー
  • ファイルの結合
  • 行数の表示
  • 連続する空白行を減らす
  • 行末を見えるようにする
  • タブを見えるようにする

などだ。一度コマンドを覚えてしまうと、なかなか調べ直すことなく時が経ってしまう。

ぜひ、この機会に「こんな使い方があったのか」というのだけ覚えてしまおう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*