【初心者向けに大体わかる】TCP/IPとは?

tcpipとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TCP/IPとはインターネットなどで一般的に使われるプロトコル(手順のようなもの)で、TCP「Transmission Control Protocol」とIP「Internet Protocol」を組み合わせたものだ。

このページではTCP/IPについてはじめて知った方に向けて解説した。参考にしていただければと思う。

TCP/IPとは?

「TCP/IP」はコンピュータネットワークを支えるための最も重要な要素と技術と言っていい。TCP「Transmission Control Protocol」とIP「Internet Protocol」を組み合わせたものだ。

コンピュータネットワークやインターネットを動かしている通信技術を一式として総称したものを「TCP/IP」ということが一般的だろう。TCPとIPだけではなく、ICMPとかTCPとかHTTPとか色々ある。とにかくネットワーク越しに何かを送るときに必要なプロトコルだと思えば良い。

プロトコルとは?

 しかし、このプロトコルという言葉が良くわからないはずだ。一言で言うと、プロトコルとは「通信規約」のことである。

データは色々な要素が連なって送られてくる。

プロトコル

  • はじめはこのデータ
  • 次はこのデータ
  • その次はこのデータ

という風にデータが送られてくる順番を決めておかないと、いったい何が送られて来たのかわからなくなる。

例えば、「宛先」「どこから来たか(自分の住所)」「データ中身」という順番でデータが送られてくるとわかっていたら、受け取った側も「宛先」「どこから来たか(自分の住所)」「データ中身」だと知っていればデータを判別できるわけだ。

だからこそ、プロトコルが必要になる。

正直ここまで押さえておけば十分だ。どういうプロトコルなのかは初心者の方だとなかなか難しいだろうし、すぐ忘れる項目だ。

とにかくTCP/IPといったら、ネットワークごしの通信規約だと思っておけばOKだ。細かいところは下で解説しているので、興味がある方は引き続きご覧いただければと思う。

どのようなやりとりでデータが送られるか?

例えば、インターネットでサイトを見に行ったとしよう。次のような要求がネットワークを通して行くようになる。

  1. ブラウザがリクエストメッセージを作成する
  2. OSのTCP/IP処理ソフトがトランスポート層と呼ばれるところにデータを渡す
  3. トランスポート層のTCPというプロトコルでTCPヘッダが付けられる(データの先頭にそういうデータがくっつく)
  4. 続いてネットワーク層というところにデータは送られ、ここでIPヘッダ(行き先などのデータ)がくっつく
  5. 続いてMACヘッダなどのヘッダ情報がさらにくっつき、LANアダプタからデータが送られる

おお、難しい。。

少々難解だが、データの頭に随時色々なものをくっつけてから送信するとお考えいただければと思う。

 

OSI参照モデル

「OSI参照モデル」とは、国際標準化機構(ISO)によって取り決められた7階層からなる、通信機能の分割モデルである。

層の番号が大きくなればなるほど、ソフトウェア的になっていき、番号が小さいほど物理的になって行く。

基本的に下に行って通信されて、受信側のときは下から上がってくるイメージだ。

7 アプリケーション層 ソフトウェアがあつかう通信サービス層、ファイル、メールの転送などを提供。HTTPやFTP等の通信サービスなどが含まれる。
6 プレゼンテーション層 データの表現方法、圧縮方式、文字コードなどの定義を管理する。
5 セッション層 通信プログラム間の通信の開始から終了までのセッションを管理する。
4 トランスポート層 エラー訂正、再送制御などTCPの機能などはここに位置する。
3 ネットワーク層 ネットワーク上の通信経路の選択、つまり一般的なルーティングはこの層でおこなわれる、ルータなどはこの階層での仕事が主になる。
2 データリンク層 接続されている通信機器間の信号のやりとり、受け渡しなど、一般的なスイッチングハブなどはこの層を扱うことが可能となっている。
1 物理層  物理的な接続、電気的であったり、その形状など、基本的な通信機器の物理的なものを内包する。

まとめ

このページでは「TCP/IPとは」について解説をしてきた。通信の手順・規約のことで、コンピュータ同士のネットワークの基礎となっているということは押さえておきたいところだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

ゼロからエンジニアを目指す方へ
短期間でエンジニアになる方法

必要な勉強や技術の最新動向、本当に使えるIT資格、学習に役立つ国からの奨励金などの情報を無料でお届け

資料を見てみる