【資格】開発系エンジニアに人気のOCJPとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

OCJPとはOracle Certified Java Programmer(オラクル認定Javaプログラマー)の資格のことである。

この資格にはオラクル社の製品であるJava SE(Java Standard Edition)7 / 8についてブロンズ(Bronze)、シルバー(Silver)、ゴールド(Gold)の三段階の資格がある。

この記事ではJavaの最新のバージョンJava SE 7/8を前提として書いているが、以前の製品バージョン、例えはJava SE 6の場合は資格の名称が異なっているので注意が必要である。

では、3つの資格についてみてみよう。

Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7 / 8

ブロンズはプログラミングを始めたばかりの入門者のための日本語のみの資格である。この資格ついては、別の記事「Oracle Java 資格」の中のJava SE - Oracle Certified Java Programmerの資格→Java SE 8 Bronze(ブロンズ)のセクションで詳しく説明している。

Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8

シルバーは世界に通用する開発者向けの資格である。この資格ついては、別の記事「Oracle Java 資格」の中のJava SE - Oracle Certified Java Programmerの資格→Java SE 8 Silver(シルバー)のセクションで詳しく説明している。

Oracle Certified Java Programmer, Gold SE 8

ゴールドは世界に通用する高度なスキル持っていることを証明する資格である。この資格ついては、別の記事「Oracle Java 資格」の中のJava SE - Oracle Certified Java Programmerの資格→Java SE 8 Gold(ゴールド)のセクションで詳しく説明している。

まとめ

本記事ではオラクル社が認定する3つの資格について紹介した。それぞれの資格を取得するための勉強方法については別記事にて紹介するのでそちらを参照して頂きたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できます。

IT講師に興味はありませんか?

・「今までIT講師をやってきたが、更に多くの講義を行いたい」

・「エンジニアとしてやってきたが講師業に魅力を感じている」

・「講師として活躍するためにベースとなる知識を知りたい」

・「様々な分野や言語の講師にチャレンジしてみたい」


という方はぜひIT講師募集のページをご覧ください。


リカレントテクノロジーでは「受講している方々にITを好きになってもらう」ことを目標に、同じ目標に向かって歩んで行ける講師の方を常に探しています。


システム開発やインフラ構築などのエンジニアリング経験を活かし、新入社員などの未経験者や経験の浅い初学者の方々に対してITトレーニングを行っていただくことになります。


テキストやカリキュラムは事前に用意されており、それらを元に講義を進めていくため、IT講師をはじめて実施する方でも安心してトレーニングを実施できます。


IT講師募集のページを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

未経験からの育成制度も充実
IT講師に興味はありませんか?

リカレントテクノロジーでIT講師の積極募集を開始! 経験・未経験問わずご応募可能。育成制度で講師スキル向上も目指せます

IT講師に応募する