人気のPHPフレームワーク比較!おすすめの15選まとめました

php_framework
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PHPのフレームワークはCakePHP、CodeIgniter、Symfony、ZendFrameworkとの「四天王」の時代も陰りを見せてきて、Laravelが全盛期だ。

また、現在は新しいPHPフレームワークが雨後の竹の子のように登場してきて、戦国時代を迎えたと言われている。

数が多くなった分、プログラマーからするとどのフレームワークを使えばいいのか解らないのではないだろうか?

どのPHPフレームワークがいいのかの参考になるようにここでは15個のフレームワークについて取り上げ、その人気の状況についても比較していく。

人気のPHPフレームワーク15選

 それでは早速フレームワークをまとめてご紹介していこう。

1. CakePHP

CakePHP

CakePHPは歴史があるフレームワークとして知られている。最も有名なPHPフレームワークのひとつだ。

「ケーキを焼くみたいに簡単なフレームワークを!」ということからCakePHPと名付けられている。今でもその理念を体現し続けているフレームワークだ。とにかく簡単に使える。ほとんど置くだけで動く。

プロトタイプを素早く構築するためのコード生成の足場作り機能が使える。Bakeコマンドという名前が付いているのもシャレている。根強い人気があるフレームワークだ。現在最新のCakePHP3.2はPHP7上で動作する。

このフレームワークはクラス名、ファイル名、データベース名が特徴できで、その名前により構造が作られる。そのため規約を学ぶ必要はあるが、学んでさえしまえば使いやすいフレームワークだ。

2. Symfony

Symfony

Symfonyも歴史あるPHPフレームワークだ。Symfonyには未だにファンが多い。

古い「Mojavi」というMVCモデルの開祖のようなフレームワークから派生したフレームワークだ。構造もしっかりとしており、PHPらしからぬ固さになっている。

CakePHPは軽いアプリケーション、Symfonyは大規模システムで使われることが多い。自動生成機能も充実している。

しっかりとした構造の分、速度は速いとは言えない。業務アプリケーションに最適なフレームワークだ。

3. CodeIgniter

CodeIgniter

四天王の中でも若さが際立つフレームワークだ。CodeIgniterは、軽量でフットワークが軽いフレームワークで、規約もゆるい。シンプルさが特徴だ。

CodeIgniterもMVCモデルで作られている。扱いも簡単で、軽めのウェブアプリケーションからそれなりのウェブアプリケーションまで使える。どちらかというと軽いアプリケーションに向いているフレームワークだ。

4. ZendFramework

ZendFramework

CakePHPやSymfonyと比べると後発ながら、その技術パートナーにMicrosoftやIBM、Googleなど世界の巨人企業が連なっている。そういう意味でも安心感があるフレームワークだ。

ZendFrameworkの特徴としては拡張性が高いことが挙げられる。機能をライブラリー感覚で呼び出して使用できるところが魅力だ。当然MVCモデルを採用している。

また、こちらのシンプルなフレームワークだ。

5.Phalcon

Phalcon

新進気鋭のPHPフレームワークで「最速」が売りだ。売りが明確な、かっこいいフレームワークである。

実際に他のPHPフレームワークを上回る実行速度を実現している。とてもシンプルな構造をしていて、プログラマーが自身で書かないといけない部分も多い。しかし、その分とにかく速い。メモリの消費も少ない。

また、フォーラムがとても親切で使いやすい。オススメフレームワークのひとつだ。

6.Slim

Slim

Slimフレームワークはマイクロフレームワークの一つだ。とにかく小さくあることをゴールとして作られている。

PSR-7とミドルウェア構造を採用している。誰にでも簡単に使えることが大きな特徴である。

7. Laravel

Laravel

Laravelは、世界的に急速に普及した新進気鋭のPHPフレームワークだ。

わりやすく、コードが書きやすく、直ぐに書き始められる。これまでのフレームワークのいいところを集めている。Symfonyベースでもあり、重厚だ。

そして、サポーターによるライブラリがたくさんあるのも導入のメリットのひとつだ。YouTubeと連携できるライブラリや管理者ページをすぐに作成できるライブラリ等とにかく充実している。

機能的な面だけではなく、ラッキーもあり、Laravelはここ数年急激に伸びている。CodeIgniterにライセンス関係の問題が起きたのだ。LaravelとCodeIgniterは比較的類似性の多いフレームワークである。

8. Yii

Yii

Yiiは大規模なウェブアプリケーションを素早く開発するのに適したPHPフレームワークだ。人気は少し落ちてきたが、一時期の伸びはすごかった。

Yiiには「ウェブプログラミングの再利用性を最大限にし、開発を最速にする」という思想がある。軽量で洗練されたキャッシュ機能があるためにアクセスの負荷が大きいサービスに使いやすい。例えばポータルサイトやCMSなどにも向いているフレームワークだ。

9.FuelPHP

FuelPHP

FuelPHPは高速かつ軽量なフレームワークで、一世を風靡したPHPフレームワークだ。

既存のフレームワークのいいとこを受け継いでいる。ただし、それだけではなく、設定重視のフレームワークで、複雑なファイル管理に悩まされることはない。規約縛りが大きくないという意味だ。

そのためにフレームワークのルールに縛られて開発の制限をされるということはあまりない。ベテラン開発者に向いているフレームワークだ。

10.Flight

Flight

マイクロフレームワークとして開発されたフレームワークで先に紹介したSlimと同様に軽量なところがいい。ドキュメントもシンプルで誰もが直ぐに使えるフレームワークだ。

11.Silex

Silex

SilexもPHPのマイクロフレームワークだ。

Symfony2のコンポーネントとPimpleを利用して構築されていて、RubyのフレームワークであるSinatraからも影響を受けている。

マイクロフレームワークと言うことで、シンプルな1ファイル構成でコードを書くことができる。また、使っていて楽しくなるような簡潔なAPIが用意されている。

高い拡張性を持っているのも特徴だ。

12.BEAR.Sunday

BEAR.Sunday

BEAR.Sundayは、日本人が開発したフレームワークだ。シンプルで、しかし、強力だ。

BEAR.Sundayの特徴はその考え方で、いくつかの概念を中心にフレームワークが組まれている。「リソース指向フレームワーク」「REST(Representational State Transfer)」「依存性の注入」「アスペクト指向プログラミング」あたりがキーワードになってくる。

13.Kohana

Kohana

KohanaはCodeIgniterから派生して生まれたPHPフレームワークだ。

日本では流行っていないため、日本語のドキュメントはない。英語ドキュメントはそこそこ充実している。ライブラリが使いやすく、早く動くことも特徴だ。HMVCを中心に作られている。

14.Ethna

Ethna

開発は滞っている。このまま進まなそうではあるが、一応紹介しておこう

Ethna(えすな)は理想の追求よりも実際のアプリケーション開発に重点を置いたフレームワークだ。フォーム機能などが強力だ。

 

15.Ice Framework

 Ice

Ice FrameworkはC拡張モジュールとして作られたPHP用フレームワークだ。ちなみに、Cを勉強する必要はない。PHPのみで動く。

シンプル&ファストとあるように簡潔かつ高速と言うことを実現したフレームワークで、これは高速のPhalconを抜いた高速化が実現化されている。

スピードという点で素晴らしく、Phalconを抜いて大化けする可能性もある。楽しみにしたい注目株だ。

PHPフレームワークの人気比較

15個のフレームワークを挙げたが、この中で特に人気のあるもの、そしてこれから人気が出そうなものはどれだろうか? Googleトレンドを使って調べてみることにする。

まず人気上位の5つを比較してみる。CakePHP、CodeIgnit、Symfony、ZendFramework、Laravelの5つだ。

世界でのPHPフレームワーク人気比較

すべての国を対象として比較してみると、次のような結果になった。人気度の動向というのは要するに検索数だと思ってほしい。

phpフレームワーク 人気比較その1

このようにLaravelのみが昇り調子になっていて、人気となっているのがわかる。

実際、Laravelはシンプルながらパワフルなフレームワークで、非常に使い勝手もいい。人気が出るのも頷ける。世界ではLaravelが他のフレームワークのユーザーを取り込み続け、圧倒的なシェアを取りそうな勢いだ。

日本でのPHPフレームワーク人気比較

それでは日本ではどうだろうか? ITの業界では、世界の潮流から遅れるのが日本の特徴だが、今回もその例に漏れていない。

phpフレームワーク 人気比較その2 日本

まだCakePHPが人気の1位を確保している。世界の潮流に比べてなかなか遅れている。

しかし、Laravelがここに来て一気に勢いを増しているのがわかるだろう。新規のアプリケーションを作る予定であり、そのアプリケーションを長く運用をしたいということであれば、Laravelを選択しておくのが無難かもしれない。

もちろん得手不得手を理解した上で導入しよう。Laravelは開発するのに便利だが、動作が速いとは言えない。キャッシュ等をうまく使えばそれほど問題にはならないが、特徴は理解しておくべきだ。

その他の人気PHPフレームワークは?

新しく出てきているフレームワークたちの様子はどうだろうか? いくつかピックアップして比較してみた。

phpフレームワーク 人気比較その3

一時はfuelphpが人気を集めたが、なかなか伸びてくる様子はない。Yiiも落ち気味だ。

最速のフレームワークの呼び声が高いPhalconが少し盛り上がってきている。しかし、まだまだLaravelほどの勢いはない。

PhalconはLaravelとは反対で、動きは速いが、開発しにくいという話があり、導入数は少ないようだ。Phalconは最低限の機能だけしか搭載されておらず、プログラマーが書くコード量が多くなる。そのあたりが、急速に伸びてこない理由だろう。

PHPのプログラマーは簡単でシンプルなことを好む傾向にある。PHPのメリットそのものが、「簡単でシンプルであること」だからだ。

まとめ

以上PHPフレームワーク15選と人気動向をご紹介したが、いかがだっただろうか?

このように色々な特徴のフレームワークがしのぎを削っているがLaravelが1歩も2歩もリードしているという状況だ。日本ではまだまだCakePHPだが、徐々にLaravelに移っていくだろう。Laravelを必ず選択する必要はないが、一度導入を検討する価値はある。

 

開発を効率よく行うには何かしらのフレームワークを使って開発するのがいいということは今更言うまでもない。しかし、一度フレームワークを決めてしまうと後から変更することはほとんど不可能だ。だからこそ慎重に選択をする必要がある。

このページがあなたの決断の後押しとなれば幸いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このページの続きや関連ページは下記から一覧で確認できる。

短期間でエンジニアになる方法

・「まったくの初心者だけどエンジニアになりたい!」

・「プログラマーとして転職をしたい!」

という方はリナックスアカデミーの資料を見てみてください。短期間で未経験からエンジニアになることができるスクールとして15年間選ばれ続けてきた理由やノウハウが載った資料です。

エンジニアの入り口に立つために必要な勉強技術の最新動向本当に使えるIT資格学習に役立つ国からの奨励金などの情報が詰まっています。

無料で2,3日中にお手元にお届けします。


資料を見てみる

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*